またパソナと電通か、コロナ関連の命の予算まで食い物にする輩。



命が掛かっているコロナ対策で緊張感を持って施策を進めていると思ったが、相も変わらず利権の構図は変わらない。このコロナの火事場でもコロナ予算まで食い物にする輩が居る。

山本太郎が「竹中、とんでもない」と叫んでいたが、その竹中会長のパソナが設立した、極めて怪しい一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」に業務委託されていた。ここには769億円で業務委託されていた。

構図は以下の図である。この得体の知れないサービスデザイン推進協会なるものが769億円で受けた業務委託を、協会に20億円を残して、749億円でそっくり業務を電通に丸投げしている。

電通.jpg

こんな大きな話を官僚が自分の判断で出来ない。その裏にはアベと竹中、電通の間で話がついていると思っている。アベになってからこんな話ばかりである。必ず裏で仲間内で利権が動いている。もうこんなことをやっても、「やましい」、「罪」であるというような感覚が全く無くなってしまっている。アベマスク然り。これはアベを権力から降りてもらわないと、善良に必死で生きて生活している庶民は死ぬしかない。



給付遅れるコロナ「持続化給付金」 769億円で受託した法人の不透明な実態
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31661?rct=economics
2020年5月28日 08時01分
 新型コロナウイルスの影響で売り上げが半減した中小企業などに最大二百万円を給付する政府の持続化給付金で、給付遅れが相次いでいる。実際の給付作業は、大手広告会社の電通や人材派遣会社のパソナが設立した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」に業務委託されている。約二兆三千億円の給付用資金を扱い、国から七百六十九億円の委託料が払われているが同法人は給付遅れに「回答を差し控える」とコメント拒否。実質的な運営形態も開示しておらず公共事業として不透明な面が目立つ。 (桐山純平)
 経済産業省中小企業庁は持続化給付金の申請から支給までの期間を「二週間」と示している。東京都大田区のダンス講師女性は申請初日の五月一日に手続きしたが、給付まで三週間以上待たされた。「申請から二週間たって書類不備のメールが突然来た。どんな審査をしているのか」と憤る。
 都内の顧客企業が多い温井徳子税理士も「大型連休明けに申請し、まだ入金されない企業も多く、みな月末間近で困っている」と話す。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ゴメンテイター
2020年05月31日 02:19
ほぼ全面的再委託。竹中平蔵の税金ネコババ(横領)システムですね。
差額の20億円の内いくらぐらいが安倍晋三に渡るのでしょうか。
かっち(Kacchi)
2020年05月31日 12:52
また、また 本当にこの男の性根は変わらない。この男、絶対に見返りのないことはしない。アベ政権を支える仕組みが内蔵されている。

>ゴメンテイターさん
>
>ほぼ全面的再委託。竹中平蔵の税金ネコババ(横領)システムですね。
>差額の20億円の内いくらぐらいが安倍晋三に渡るのでしょうか。
>
ゴメンテイター
2020年06月01日 21:09
こんないかがわしいことしなくても、国民の生命と財産を守る方法はありました。
NHKテレビ番組『視点・論点』で弁護士の津久井進氏(兵庫県震災復興研究センタ-代表理事)が出演された『新型コロナウイルス 災害対応を活かした生活支援を』が今日13時50分からEテレで放送されました。

今のコロナ禍にどう対応すべきかを、お話しされています。

明日午前3時50分から総合テレビで再放送されます。ぜひご視聴ください。

コロナ禍を災害とみなして災害対策基本法等を適用すれば、いろんな対策がとれるという提案をされています。要は、国民の生命財産を守り抜くという気概があるのかどうかということでしょう。

併せて https://hitorihitori.jp/ (一人一人が大事にされる災害復興法をつくる会)もご覧ください。緊急提言が示されています。阪神淡路大震災、東日本大震災の時に大いに役割を果たした制度が示されています。できないことはありません。安倍政権がやろうとしていないだけです。TVによく出る知事やコメンテイターも、やる気がないと言わざるを得ませんよ。
かっち(Kacchi)
2020年06月02日 12:24
命を繋ぐ血税に群がるハイエナのようだ。こんなことを平気で許すアベ政治にはもうほとほとうんざり。

>ゴメンテイターさん
>
>こんないかがわしいことしなくても、国民の生命と財産を守る方法はありました。
>NHKテレビ番組『視点・論点』で弁護士の津久井進氏(兵庫県震災復興研究センタ-代表理事)が出演された『新型コロナウイルス 災害対応を活かした生活支援を』が今日13時50分からEテレで放送されました。
>
>今のコロナ禍にどう対応すべきかを、お話しされています。
>
>明日午前3時50分から総合テレビで再放送されます。ぜひご視聴ください。
>
>コロナ禍を災害とみなして災害対策基本法等を適用すれば、いろんな対策がとれるという提案をされています。要は、国民の生命財産を守り抜くという気概があるのかどうかということでしょう。
>
>併せて https://hitorihitori.jp/ (一人一人が大事にされる災害復興法をつくる会)もご覧ください。緊急提言が示されています。阪神淡路大震災、東日本大震災の時に大いに役割を果たした制度が示されています。できないことはありません。安倍政権がやろうとしていないだけです。TVによく出る知事やコメンテイターも、やる気がないと言わざるを得ませんよ。
>