安倍首相は裸の王様 朝日マスク揶揄で見えた官邸機能不全

今日、閣議で一律10万円の配布が決まった。この閣議後、麻生がこの配布について発表したが、さすがに手を上げたものにしか上げないとは述べなかった。しかし、実際は手は上げはしないが、通知された書類、ネット申請をしない限りお金は振り込まれない。ネットカフェ、ホームレス、外国からの住人にも原理的にはお金を振り込むとは言っている。しかし、実際にはこれがどこまで周知されるかはわからない。このような人こそ10万円は途轍もなく大きい。

日刊ゲンダイでは、「アベノマスク」から「アホノマスク」に格上げされた。政権が分裂とも書かれている。

EWB3_vxU4AEIgYH.jpg

その根拠の記事を日刊ゲンダイが出している。
そのタイトルがこのブログでも何回が使った「裸の王様」である。これも書いたが菅官房長官を遠ざけ、今井、佐伯の言うことしか聞かないからでないかと書かれている。この話はかなり確度が高い話なのであろう。
こんな国難の時にアホノマスク2枚も我が家に届いていない。あまりに遅く、市内でもっと高性能なマスクが安く出回ってきた。スカイツリーの建設費が400億円という。スカイツリーが洗ったら縮むマスクの費用の466億円より小さいとはばかばかしい。きっと6割以上は使われず家庭のゴミになることは想像に難くない。お友達に便宜を計る、自分の選挙のために桜を見る会を利用するなどの事には頭が回るが、こんな国難には全く役立たず状態である。これからお金がなく自殺者が増えることは確実である。中小の企業もかなり倒産すると思われる。

連休後まで緊急事態宣言を発するのはいいが、コロナを収束するためには何度でも言うが、自治体、医師団体だけに任せないで、韓国で成功したPCR検査体制へまずは金を注ぎ込むことだ。

安倍首相は裸の王様 朝日マスク揶揄で見えた官邸機能不全
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272111

■側近官僚の言うことしか聞かない


「現実が見えず、何が正しいかの判断もできなくなっているのではないか。今の安倍首相は裸の王様そのものです。政権の危機管理を担ってきた菅官房長官を遠ざけ、側近の官邸官僚の言うことしか聞かなくなっている。与党との連携もうまくいっていない。官邸は機能不全に陥っています」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)

 安倍首相が「全国民一律1人10万円」の現金給付に転換せざるを得なかったのも、機能不全の表れだろう。遠ざけられた菅と二階幹事長がパイプのある公明党を動かし、安倍首相を突き上げたからだとみられている。

この方針転換が面白くない麻生財務相は「手を挙げた人に10万円」とケチをつける。当初は「困窮世帯30万円」を発表した岸田政調会長も面目丸潰れ。求心力を失った安倍首相の周囲はバラバラで、官邸も一枚岩ではない。

 閣議決定を経た補正予算案を与党から覆されるという前代未聞の失態をさらし、安倍首相の孤独はますます深まる。側近官僚のヨイショを心のよりどころにするしかないのだろう。そんな裸の王様に国難対応を任せられないのは自明だ。




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。