国民も命が掛かっていることがわかっての世論調査の結果が出てきた。



やっと安倍政治の世論調査が出た。以前小沢一郎が民主党の代表で総理大臣にほぼ決まった途端、秘書らが逮捕されたときは、悪の代名詞、悪魔のように毎週世論調査結果が出された。それも新聞紙面2面を使って事細かな調査結果が出された。これにより小沢は悪というイメージが刷り込まれた。その片棒を担いだのが当時のマスコミである。ただ、罪は特捜部の期待外れで、政治資金の申告の期ズレだけの話だった。今で言えば修正申告で済む話である。その真実はマスコミによって全く説明されていない。その時のイメージで、未だに小沢を悪の権化のような書き方をするものがいる。

それからいうと今の安倍は加計、森友、桜を見る会など小沢の期ズレどころではない程あくどいことをやっていると思っている。JNNの世論調査で安倍内閣を支持率が出た。久しぶりで支持、不支持が逆転した。その差10ポイントである。しかし、まだ支持が40%台もあるのが不思議で仕方がない。

支持出来る 43.3% -5.5%
支持しない 52.7% +6.2%
わからない 4.1%  +0.5%
安倍が全世帯に布製のマスクを2枚ずつ配布する考えを表明したことについては、「評価する」は22%だったが、「評価しない」は75%という。これはさすがに世の中の人の思いは共通とわかってほっとする。

7日には緊急事態宣言をやっと出すと決まった。東京は明らかにオリンピックをやりたいばかりにCPR検査をしないツケが回っている。シカゴ大の山口教授は、日本の少ない検査を批判している。「実際には感染しているのに把握されない『暗数』の割合が大きく、統計がゆがんでいる」と指摘した。その上で「各国の状況との比較や政策の判断には使えない」との見方を示している。 

<新型コロナ>「感染者統計にゆがみ」 シカゴ大・山口一男教授 日本の少数検査に苦言
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202004/CK2020040302000144.html
2020年4月3日
 日本が公表する新型コロナウイルス感染者数に対し、有用性に疑問を投げかける声が統計の専門家から出ている。シカゴ大の山口一男教授(社会統計学)は本紙の取材に「実際には感染しているのに把握されない『暗数』の割合が大きく、統計がゆがんでいる」と指摘した。その上で「各国の状況との比較や政策の判断には使えない」との見方を示してい
る。「死亡者数も年間十万人前後にのぼる一般の肺炎死亡者の中に隠れてしまう」と分析する。その上で「ゆがんだ感染者数では、感染の拡大状況などの評価はできず政策判断の材料にも使えない。信頼できるデータを国民と共有し、透明性を持って合理的に政策を進める姿勢が欠落している」と苦言を呈した。

はっきり言えば、これも森友学園の財務省による書類の改ざんと、結果的に同じになる。この内閣の手法である見せかけである。この本質は嘘をいう平気で言える気質に根差していると思っている。国民も命が掛かっていることがわかっての世論調査の結果が出てきた。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ゴメンテイター
2020年04月07日 09:06
6日、れいわ新選組の山本太郎代表が政府に14項目にわたるコロナ緊急提言を提出しました。

① 消費税はゼロ%に ② 1人あたり20万円の現金給付 ③イベント自粛や飲食店、中小零細・個人事業主と労働者への損失補填 ④社会保険料の免除 ⑤水道、光熱費の免除 ⑥家賃免除、生活保護の要件撤廃 公的住宅ストックの活用 ⑦ローンなど債務の猶予、国による利息の補填 ⑧全ての教育、授業料免除 奨学金返済は1年間猶予 ⑨医療従事者などの手当て ⑩生産者への支援・食料供給網の維持(就農支援等) ⑪医療体制の拡充と災害時への対処 ⑫DV被害者への対応 ⑬海外邦人への対応 ⑭障害者関連施策の提言
(「れいわ新選組」ホームページ より項目のみ抜粋)

詳細は「れいわ新選組」ホームページを見ていただければいいと思います。私がこの14項目の中で感心したのは11番目の「災害時への対処」です。
提言では「毎年のように起こる豪雨、台風、地震。 災害が発生した場合、避難所がクラスター感染の発信源になる可能性があるため、災害に備え徹底した調整が今から必要である。
避難所に代わる全国の宿泊施設、仮設住宅、プレハブ・コンテナハウス、キャンピングカーやトレーラーハウス、テント、寝袋等の確保を今のうちに行う。
また、炊き出し時に活用できる自衛隊のキッチンカーが迅速に出動できるよう法整備を進める。」
としています。

地震はいつ起きても不思議ではありません。素早く準備しておかなければ。

山本代表は先週の金曜日(4月3日)から直接安倍首相に渡せるように調整していましたが、逃げ回られて結局昨日(4月6日)、新型コロナウイルス感染症対策推進室の能登靖審議官に提言書を手渡したとのこと。しかしこれで安倍首相に届くかどうかは不明だそうです。

首相側にすれば、提言の存在は知らないことにしたいのでしょう。自身の対策案があまりにもしょぼいですから。

近づく都知事選、そして衆議院選に備えて他党、各議員との交流もやり遂げながら、国民のために知恵を絞りあらん限りの力を出す山本太郎氏とれいわ新選組の行動力に感謝、感謝。
かっち(Kacchi)
2020年04月07日 14:40
れいわの政策提案のご紹介ありがとうございます。
山本太郎が例の悪の権化のように言われた小沢一郎と共同代表をしていたことをどれだけ知っているだろうか?
あの百選錬磨で、政治の裏も表も知っている小沢氏が芸能人だった山本氏を、森ゆうこ、玉城氏を差し置いて同列の代表に迎えたのは山本氏の実力を認めてのことです。
実によく勉強しています。彼の集会での質疑を聞いているとわかります。悪いことは悪い、良いことはいい。共産も決して毛嫌いしない。
 山本太郎を総理大臣にしようという標語があるが、かれが首相になれば確実に変わる。昔からのドロドロ、滓が少なからず除去されることは確かだろう。

>ゴメンテイターさん
>
>6日、れいわ新選組の山本太郎代表が政府に14項目にわたるコロナ緊急提言を提出しました。
>
>① 消費税はゼロ%に ② 1人あたり20万円の現金給付 ③イベント自粛や飲食店、中小零細・個人事業主と労働者への損失補填 ④社会保険料の免除 ⑤水道、光熱費の免除 ⑥家賃免除、生活保護の要件撤廃 公的住宅ストックの活用 ⑦ローンなど債務の猶予、国による利息の補填 ⑧全ての教育、授業料免除 奨学金返済は1年間猶予 ⑨医療従事者などの手当て ⑩生産者への支援・食料供給網の維持(就農支援等) ⑪医療体制の拡充と災害時への対処 ⑫DV被害者への対応 ⑬海外邦人への対応 ⑭障害者関連施策の提言
>(「れいわ新選組」ホームページ より項目のみ抜粋)
>
>詳細は「れいわ新選組」ホームページを見ていただければいいと思います。私がこの14項目の中で感心したのは11番目の「災害時への対処」です。
>提言では「毎年のように起こる豪雨、台風、地震。 災害が発生した場合、避難所がクラスター感染の発信源になる可能性があるため、災害に備え徹底した調整が今から必要である。
>避難所に代わる全国の宿泊施設、仮設住宅、プレハブ・コンテナハウス、キャンピングカーやトレーラーハウス、テント、寝袋等の確保を今のうちに行う。
>また、炊き出し時に活用できる自衛隊のキッチンカーが迅速に出動できるよう法整備を進める。」
>としています。
>
>地震はいつ起きても不思議ではありません。素早く準備しておかなければ。
>
>山本代表は先週の金曜日(4月3日)から直接安倍首相に渡せるように調整していましたが、逃げ回られて結局昨日(4月6日)、新型コロナウイルス感染症対策推進室の能登靖審議官に提言書を手渡したとのこと。しかしこれで安倍首相に届くかどうかは不明だそうです。
>
>首相側にすれば、提言の存在は知らないことにしたいのでしょう。自身の対策案があまりにもしょぼいですから。
>
>近づく都知事選、そして衆議院選に備えて他党、各議員との交流もやり遂げながら、国民のために知恵を絞りあらん限りの力を出す山本太郎氏とれいわ新選組の行動力に感謝、感謝。
>