大誤算「黒川検事長の定年延長は効果なかった」であれば検察のお手柄。


河井あんり議員の秘書が3人も逮捕され、検察のリークによると一部秘書は違法性を認めているという。しかし、それに反抗するように河井議員は今まで通りに国会に出てくることを宣言した。自分が県議の時に知事の裏金問題の責任を追及して、「政治家の出処進退ですから、私から知事に辞職してくださいとは言いません。でも、私ならもう辞めています」と大見えを切っている。


黒川検事長の延長話が政府から出て来てから、急に白井議員の広島地検の動きが鈍くなったように感じた。またカジノで逮捕された秋元議員の捜査も鈍くなったように思える。しかし、国会であれだけ黒川問題を追及したから、稲田検事総長の態度も変わったと思っている。少なくとも黒川にはやらしてはいけないという雰囲気が出てきたと思っている。今まで様子見の広島地検が動き出したのは黒川が検事総長にならないとわかってきたのではないか。

以下の記事の中にも「大誤算「黒川検事長の定年延長は効果なかった…」と書かれている。確かにその通りなのであろう。ネットでは、河井の裏にいるターゲットは安倍と書かれているものもある。その理由は安倍の指示で1.5億円の選挙資金がつぎ込まれたからだ。その原資についても検察は調べているという。安倍まで行けば大拍手というところだ。

枝野代表が、黒川の定年延長の理由が今の仕事について余人には変えられないというなら、検事総長になることなんてとんでもないことだと述べている。確かに理屈だ。

河井夫妻と自民党の大誤算「黒川検事長の定年延長は効果なかった…」
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/e6-b2-b3-e4-ba-95-e5-a4-ab-e5-a6-bb-e3-81-a8-e8-87-aa-e6-b0-91-e5-85-9a-e3-81-ae-e5-a4-a7-e8-aa-a4-e7-ae-97-e3-80-8c-e9-bb-92-e5-b7-9d-e6-a4-9c-e4-ba-8b-e9-95-b7-e3-81-ae-e5-ae-9a-e5-b9-b4-e5-bb-b6-e9-95-b7-e3-81-af-e5-8a-b9-e6-9e-9c-e3-81-aa-e3-81-8b-e3-81-a/ar-BB10LGK9

「河井克行、案里夫妻の秘書が3人も逮捕されて、これほど大きくなるとは思わなかった。国会で火だるまになりながらも、東京高検の黒川弘務検事長は定年延長したわけでしょう。その効果は全くなかったことになる」
 こうため息をつくのは、自民党幹部だ。
 公職選挙法違反容疑で3日、自民党の前法相の河井克行衆院議員と妻の河井案里参院議員の秘書3人が広島地検に逮捕されたが、急転直下の動きだった。
 広島地検は1月に河井夫妻の広島市の事務所などに家宅捜索が入っていたが、その後は音沙汰なし。2月には東京高検、黒川弘務検事長の定年延長が突如、閣議決定された。
「2月になって河井夫妻の周辺も静かになった。すっかり黒川検事長が収めてくれたんだと思っていたんだが…」
 自民党所属の国会議員はこう困惑する。実際、河井前法相も周囲にこう釈明していたという。
「総理が(黒川検事長の定年延長などで)いろいろとやってくれている。違法なこともやっていないから大丈夫です」
 また、逮捕された河井前法相の政策秘書、高谷真介容疑者も秘書仲間にこう語っていたという。
「代議士(克行氏)が定年延長で大丈夫だと言っている。何とかお咎めなしで、終わるような気がする。案里さんの参院選は、安倍官邸が総力を上げて当選させたんだから…」
 だが、その見込みは見事に外れてしまった。これまで、甘利明衆院議員のUR疑惑や安倍首相の森友学園・加計学園の問題などを「官邸の門番」として、穏便にコトをおさめてきたとされる黒川検事長。
「門番としてバリバリやってきた時、黒川氏は事務次官や官房長というすべての検察の事案にタッチできるポジションだった。東京高検検事長は検察としては検事総長に次ぐ、ナンバー2。しかし、広島地検の事件に口をはさめる立場じゃない。国会議員が期待する方がおかしい」
(検事長経験者の弁護士)
 そうした中、本誌が既報したように2月19日の検察長官会同で静岡地検の神村昌通検事正が、黒川検事長の定年延長を批判する「検事正の乱」を起こした。ある検事がこう話す。
「実はあの日夜、歴代の検事総長や検事長が集まる懇親会にような席がありました。その席上で神村氏の大演説は、よくやったよという賞賛があった。一方、黒川氏については『こんなことになって、もう辞めたらどうだ』と言った人もいるそうです。今、広島地検がやっている河井夫妻の事件は、捜査が進めば、2人とも逮捕というシナリオも不可能ではない。衆参の議員2人を一挙に逮捕というのは、広島地検にとって前代未聞の大手柄です。河井夫妻の事件は喫緊の課題。上級庁の広島高検の小川新二検事長こそ定年延長すべきという声が多々、あがっていた」
 国会でも、黒川氏の定年延長問題が取り上げられるたびに森雅子法相は、答弁を修正するなど劣勢が続く。
「黒川氏の定年延長で、こんなに国会が空転するとは考えもしなかった。カジノ疑惑で衆院議員の秋元司被告が逮捕され、さらに河井夫妻の公選法事件。もう、黒川氏の役目は終わったよ、検事総長にしなくてもいいという声も聞かれる。お引き取り願ってはどうなのか」(前出の自民党幹部)
(今西憲之)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング
←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。