民主政権を「悪夢」と言ったが、安倍自身が「最悪夢」だ。

東京地検が自民の秋元衆議院の関係会社を捜索したと報道された。この報道は毎日新聞だけのようだ。普通、衆議院議員が地検に捜査されたら大きくマスコミが取り扱うがその関心度は全く低い。

東京地検は捜査する議員が違うのではないか?もっと巨悪がいるだろうに。そちらの方は全く捜査の「そ」の字もない。雑魚を捜査して巨悪は自由に泳がす。これで仕事をしていますと言われも国民は許さない。この報道は新聞社がスクープした訳ではない。検察がマスコミにリークした情報である。秋元議員は二階派である。二階派なら安倍首相に怒られないとでも思ったのか?

秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検
https://mainichi.jp/articles/20191209/k00/00m/040/085000c
毎日新聞2019年12月9日
 国土交通省などで副大臣を務めた自民党の秋元司衆院議員(48)=東京15区=が関係する東京都内の企業に対し、東京地検特捜部が家宅捜索を行っていたことが、関係者への取材で判明した。関係者によると、同社には、架空の契約に基づいて現金が流れていたなどの疑いがあるとされ、特捜部が本格捜査を検討しているとみられる。


菅長官が「桜を見る会、残念ながら国民に理解されていない」と述べた。この長官言うに事欠いて、自分が嘘を言っていることに対して理解されないのは当たり前である。自分で書類を裁断させておきながら「サーバーに残っているデータは公文書ではない」などはもうバカというしかない。公文書が事故、故意でも消えないようにサーバーに2、3重に保護されているのが公文書である。理解されないのは当たり前である。

今この国の統治がおかしくなっている。全ての議員、官僚が安倍首相を恐れて、事実も曲げて安倍首相を守ろうとしている。玉が取られたらアウトの将棋ではないのだから、不正をした首相など守る必要はない。首相の嘘を守ろうとするから、嘘に嘘を重ねることになる。国民の公僕が安倍の家臣になって切腹するようなものだ。政治を正常に戻すためには次期選挙で鉄槌を入れるしかない。民主が「悪夢」ではなく、安倍自身が「最悪夢」のだから。

菅長官「桜を見る会、残念ながら国民に理解されてない」
https://www.asahi.com/articles/ASMD93JT2MD9UTFK005.html
 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、国の税金を使って首相が主催する「桜を見る会」について、2021年度予算の概算要求をとりまとめる来年夏までに、招待者の基準や予算など会のあり方を見直す考えを示した。また、批判が収まらない現状には「残念ながら、(説明が)国民に理解されていない」とぼやきも漏らした。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。