郷原元特捜検事が「桜を見る会」事件の野党追及を指南。



郷原氏は、自分のブログで「桜を見る会」で安倍首相が言い訳をする問題点を次々と突き崩した。安倍氏側もそのロジックを避けるため次々と言い訳の論陣を張った。

安倍側の最後の一手が、ホテルニューオータニで行われた前夜祭の出席者とのお金のやりとりは一切なく、ホテル側に責任を負わした。これに対しても、郷原氏はそのロジックの破たん見抜いた。それは、安倍夫婦はホテルにお金を払ったのか?という問いであった。払ったのなら政治資金収支報告書に記載しなければならない。払っていなければ、ホテル側が利益供与したことになる。なぜ利益供与が問題になるかというとニューオータニが内閣府の行事で使用してもらったからだ。

その論点をこの動画の中で実に見事にわかりやすく解説している。これを見れば何が本質であるかを示し、野党に攻め方を教授している。



この中で検察の話もしている。国民は本件について検察の介入を期待しているかもしれないが、安倍政権に飼いならされた検察は残念だが動かないと考えて方がいいと述べた。

郷原氏の助言を受けた野党側が参院予算本会議でどう安倍首相を追い詰めるか注目したい。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。