「恥をしれ」女が大臣に入閣?日本の政治も落ちたもんだ。

女性閣僚として、自民党の三原じゅん子参議院議員を初入閣させる方向で調整に入ったという。「恥をしれ」と言ったときは、まるで映画の極道の妻、そっくりであった。タレントとして当選して以来、この人は一体どんな実績があるのだろうか?また、橋本聖子議員も入閣が検討されているという。高橋大輔にブチュした女である。恥ずかしい。こいう人たちが大臣をやれるということは、要するにこういう人たちでも官僚の原稿を読んでいさえすれば務まるということである。安倍首相ですら、目を離さず一生懸命に読んでいる。

ポスト安倍の最有力人気は小泉進次郎という。小泉も一体何をやったというのか?単に、選挙の応援に出かけているだけだ。厚労部会の部会長というが、何か日本の国家をどうしたいのかを聞いたことがない。その点、れいわの山本太郎氏は自分一人で全ての公約を考えて主張した。少なくとも、山本氏の思いが伝わってきた。日本もそろそろ心ある政治家に登場してもらって日本を変えなくてはいけない。恥をしれの大臣を甘受するか、それを選ぶのは我々国民だ。

上記のブログを書いてわかったことですが、本ブログが「阿修羅」に投稿されたコメントに以下の写真が
ありました。
大妻校訓.jpg



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。