イージスアショアをどうしても設置したいなら安倍首相の山口県に作ればいいのだ。



防衛の岩屋大臣は、秋田に配備するイージスアショアについて、「ゼロベース」で行うと述べた。これを秋田県の佐竹知事が聞き、そもそもゼロベースというが、最初蓋を開けたときから「荒屋演習所」に決めていたのではないかと反発した。要するに「ゼロベース=荒屋」でないか?と述べた。

これに対して、地元出身の冨樫博之衆院議員(秋田1区)がもうミサイル配備は「もうダメ」と述べている。「防衛省の説明が誠意を欠いた。もうダメだとはっきり言ってある。前に進めることはできない」という考えを明らかにした。自民の議員がもうダメと言っている。怖い安倍首相が進める方針に逆らうことは余程の話である。佐竹知事は別に左派の知事ではない。それでも秋田にゴリ押しすれば、秋田県の県民を敵に回すことになる。

それほど重要なミサイルなら、安倍首相の膝元の山口県に設置すればいいのだ。率先垂範を行えば少しは真面目に考える。全て、沖縄にしろ、秋田にしろ他県の褌を当てにしている。自分の権威を押し付ければ山口県もOKするだろう。それをやりたくないのなら、自分の保身でしかない。つまり、山口に持ってきたら、自分の票が減ることを恐れているだけである。



秋田市に陸上イージス「もうダメ」 地元自民議員が反対
編集委員・藤田直央 2019年8月24日

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を陸上自衛隊新屋(あらや)演習場(秋田市)へ配備する計画について、地元選出の冨樫博之衆院議員(秋田1区)は24日、「防衛省の説明が誠意を欠いた。もうダメだとはっきり言ってある。前に進めることはできない」という考えを明らかにした。秋田県能代市で朝日新聞の取材に語った。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。