横浜IR誘致ルートはトランプ大統領から安倍、菅、林市長へか?

横浜市長は、IR誘致は白紙だと公約し当選した。選挙民は白紙と聞くと、IRについては考えていないと思うのが常識だ。林氏は白紙とはその時点での話で、やらないとは言っていないと詭弁を述べている。しかし、世の中の常識では選挙民の中に反対者がたくさんいることを知っていながら白紙と言えばやらないということを意味している。

横浜市長室入り口.jpg

今回、林市長は反対者の怒りに恐れをなして、写真のように市長室に通じる階段の前に大の男2人を常時立たせて抗議の人を通らせないためにしているという。まるで、香港の林鄭月娥行政長官のように、市民を恐れて外出も出来ないような状態になった。林市長が何らやましいことがなく、正しいことをやっていると思っているのなら、横浜市民を敵対視しないで、説得すればいいのである。それが出来ないのなら、やましい気持ちがあるからだ。

林市長が議会にIR誘致を説明した後で、ガラスの向こうで資料を天井にほうり投げた。推測するに、林氏は林鄭月娥行政長官と同じような気持ちであったのではないかと思う。出来れば私はやりたくない。しかし私の後ろにいる菅長官との約束でやれと言っているので仕方なしにやっていると思っている。

なぜ、ここに菅官房長官が出てくるかというと、菅氏の選挙区は神奈川2区(横浜市 西区、南区、港南区)だからだ。林市長候補が立候補したとき、菅氏は選挙カーに一緒に乗り、全面的に後押しした。林氏が当選出来たのは菅氏の強力な組織が動いたからで、菅氏に頭が全く上がらない。

そもそもIRはラスベガス最大の資本が絡んでいる。今回の話は明らかにトランプ大統領が安倍首相に依頼した話と思っている。安倍氏は当然、腹心の菅官房長官に伝え、菅氏から林市長にIR誘致を言わせたというのが真相と考えられる。IRで遊ぶ人が全員儲かる話は聞いたことが無い。大部分の人が金を取られる。税金は入るかもしれないが、その資源は巻き上げられたお金である。こんな賭博を市がやるべきでない。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント