れいわが始まる 山本太郎 全国ツアー 【第一弾・北海道】

れいわが始まる。北海道の皆さんは幸せです。多くの心ある道民の方が盛り上げて下さい。北海道にもれいわ議員が生まれるように。
そのためには、共産の協働作業が必要です。
以下は共産党との共同会見の動画です。

れいわの山本太郎氏と共産党との共同会見。





れいわが始まる 山本太郎 全国ツアー

【第一弾・北海道】
9月18日(水)〜9月28日(金)

北海道ツアーで、足を運ぶ場所を追加することに伴い、
スケジュールが大幅変更となります。

なお、国会情勢などの動きによりスケジュールが急遽変更・中止となることも予めご
了承ください。

<ツアースケジュール(予定)>
9月18日(水)【利尻島】
①ポスター貼り 14:30
利尻富士町総合交流促進施設りぷら前集合

9月19日(木)【礼文島→稚内】
① ポスター貼り 11:00
香深港フェリーターミナルエブリーマート前集合
② おしゃべり会 19:30
稚内総合文化センター会議室A

9月20日(金)【網走】
① ポスター貼り 15:30 
ケンタッキーフライドチキン網走店前集合
② おしゃべり会 18:30
オホーツク文化交流センター会議室A

9月21日(土)【釧路】
★街頭記者会見 14:00
釧路駅南口

9月22日(日)【釧路】
①ポスター貼り 13:00
セブンイレブン釧路寿町店前集合

9月23日(月)【根室】
①ポスター貼り 14:00 
セブンイレブン根室大正町店前集合
② おしゃべり会 18:30 
根室総合文化会館第2講座室

9月24日(火)【札幌】
★街頭記者会見 18:30 
札幌駅南口広場

9月25日(水)【旭川】
★街頭記者会見 18:30 
旭川駅南口広場

9月26日(木)【旭川】
①ポスター貼り 13:00
ローソン神楽2条店前集合

9月27日(金)【帯広】
★街頭記者会見 17:00
帯広駅北口

9月28日(土)【帯広】
①ポスター貼り 10:00
ローソン帯広西2条南十六丁目店前集合

【注意事項】
① ポスター貼りにご参加の方は、掲載時刻通りに集合お願いします。
歩きやすい服でお越しください。
スタッフと1軒1軒お宅を訪問し、ポスター掲示依頼をします。
② おしゃべり会は、ご家族、お友達などお誘いあわせの上お越しください。
告知にご協力ください。

★街頭記者会見にご協力いただける方、掲載時刻2時間前に現地集合
でお願いします。
機材設営のお手伝い、物販・寄附ブースの準備などにお力を貸してください。

★━━━…‥・‥…━━━★
れいわ新選組事務局
TEL:03-6384-1974
★━━━…‥・‥…━━━★



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。


政治ランキング←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゴメンテイタ―
2019年09月14日 19:29
このようにスケジュールを公開することは、広く、多くの人とのつながりを持つためには必要です。
しかし一方で、妨害をされる恐れもあります。

安倍晋三氏は、選挙の応援のスケジュールすら秘密にしていました。

山本太郎氏とは真逆の考えです。

妨害される恐れより、広く多くの人々とのつながりを重視する。
れいわ新選組の、山本太郎氏の姿勢、この考えを力の限り応援したいですね。
もひ
2019年09月15日 03:04
👍
かっち(Kacchi)
2019年09月15日 06:34
山本太郎は、自分の街宣のときイチャモンを付けてきた聴衆にマイクを持たせて発言の機会を与え、それに対して自分の考えを述べ論破しました。安倍首相のように、支持者で壁を作り、また警察でヤジを排除するような人ではありません。そこが彼が自分の主張を心底信じて、説得しようとする真の政治家と思います。

>ゴメンテイタ―さん
>
>このようにスケジュールを公開することは、広く、多くの人とのつながりを持つためには必要です。
>しかし一方で、妨害をされる恐れもあります。
>
>安倍晋三氏は、選挙の応援のスケジュールすら秘密にしていました。
>
>山本太郎氏とは真逆の考えです。
>
>妨害される恐れより、広く多くの人々とのつながりを重視する。
>れいわ新選組の、山本太郎氏の姿勢、この考えを力の限り応援したいですね。