かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴーン氏の主任弁護士の大鶴氏は小沢一郎氏強制起訴に関わったキーパーソン

<<   作成日時 : 2019/01/09 21:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 3 / コメント 2


ゴーン日産前会長が1月8日に勾留理由開示で裁判所に出席し、自分が無罪の主張を行った。その後に、ゴーン氏の主任弁護士の大鶴基成氏が外国記者クラブで延々とゴーン氏の逮捕は不当であることを述べた。特に印象に残った言葉は、東京地検特捜部のやり方は不当に長期間勾留しているというような話であった。

世間的には、勾留取り消し請求を確固たるものするためのアッピールと見なされていたが、裁判所は取り消し請求を却下した。ゴーン氏はこれで出されると思っていただろうが、余程がっかりしただろう。

今回の記事は、別にゴーン氏の取り消し請求の却下の話ではなく、民主党の代表であり、首相になっていたはずの小沢一郎氏を強制起訴(陸山会事件)までもっていった事実上の指揮者が上記の大鶴氏だったからだ。特捜部は酷いというような言い方は天唾と言いたい。

陸山会事件において、当時の東京地検特捜部の部長は佐久間であったが、その上位が東京地検次席検事であり、小沢一郎の立件にもっとも積極的で、特捜部長の佐久間を差し置いて実質的に捜査の指揮をとっていたとされる。部下の田代政弘らと共謀して虚偽の捜査報告書を検察審査会に提出し、小沢一郎の起訴相当議決をさせたとして、偽計業務妨害罪で健全な法治国家のために声をあげる市民の会から告発された。地検特捜部が検察審査会の委員に、政治資金規正法に違反したという小沢有罪の虚偽の報告書を提出し説明したのである。とんでもない話である。

これにより小沢氏の首相の芽が摘まれたのだ。その後の民主党のあれほどの無様な政権は無かったはずであった。大鶴氏は、強制起訴された小沢氏が裁判で無罪になった後、ほどなく、まだ定年退職前に検察庁を去って弁護士になった。今回、大鶴氏が特捜部のやり方を批判する言葉があったが、それが出来る資格はないように思える。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
110番通報で警察が迷惑している・緊急時には警察相談専用電話の使用が望まれている
 110番通報で警察が迷惑している・緊急時には警察相談専用電話の使用が望まれている、全国の警察が昨年1〜11月に受理した110番通報の約2割は緊急性がない内容の通報だった。10日の「110番の日」を前に警察庁が発表した。同庁は事件事故や人命救助など緊急性が高いもの以外は「警察相談専用電話」(#9110)の利用を呼びかけている、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2019/01/10 12:06
車の進化に合わせて使用10年以上でも油脂類の適時交換で故障フリーで使用が可能
 車の進化に合わせて使用10年以上でも油脂類の適時交換で故障フリーで使用が可能、 30年前に比べると、クルマがかなり進化しているのを実感しませんか? めったに故障しなくなり、耐久性も上がっています、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2019/01/10 12:15
日産の前会長カルロス・ゴーン氏は電気自動車の新型リーフ発売に立ち会えなくて残念に違いない
 日産の前会長カルロス・ゴーン氏は電気自動車の新型リーフ発売を予定していたのに逮捕され立ち会えなくて残念無念に違いない、日産自動車は9日、電気自動車(EV)「リーフ」の高性能モデルの発表会を横浜市西区のグローバル本社で開いた。23日から国内で発売する。1回の充電で走行できる距離を現行モデルの約40%増と大幅に伸ばし、高速走行時の加速性能も進化させた。希望小売価格は416万2320円から。欧米でも今春以降に売り出す予定だ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2019/01/11 11:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カルロス・ゴーン被告とグレゴリー・ケリー被告の件で、それぞれフランスとアメリカ合衆国を敵に回したのでは?
(トホホ)
もひ
2019/01/09 23:02
まあ、検察としては・・・今回の一連の「事件」で
フランスと米国、いや世界中を敵にまわしたようなものか?
(トホホ)
もひ
2019/01/10 19:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴーン氏の主任弁護士の大鶴氏は小沢一郎氏強制起訴に関わったキーパーソン かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる