かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎月勤労統計不正の監察委員会報告はいかさま。何か悲劇を感じる。

<<   作成日時 : 2019/01/28 20:46   >>

驚いた ブログ気持玉 48 / トラックバック 3 / コメント 0

毎月勤労統計の統計不正の調査は「特別監察委員会」が行った。この委員会はてっきり厚労省とは関係ない第三者機関であると思っていた。しかし、野党の追及で、この委員会に厚労省の次官に次ぐ官房長が出席してことが判明した。しかも、官房長自ら職員に質問していたというから、茶番の調査だった。質問も職員へメール一本で済ましたものあるといから、常識的に言って信じられない。

予見や責任問題になる話を、不正を行った側の幹部が厳しく聞かねばならないのに、不正をやった職員を不正で責任を取らされる責任者が質問していては、真相などを明らかにすることは土台無理というものだ。野党が組織的な隠蔽だと言われても仕方がない。委員会で組織的な不正ではないという結論はゴロゴロと崩れてしまった。

根本大臣が、すんなり再調査を認めた理由もわかった。あまりに杜撰過ぎて、野党の追及を突っぱねることが出来なかったということだ。最近、本当に官僚組織がガタガタになっているように思える。戦後60年以上経ってくると、民間のような競争もない組織が、古い滓にまみれて時代に合わなくなってきたのではないかと思われる。


厚労省官房長が職員に質問 統計不正、聴取の中立性崩れる
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019012801001665.html
2019年1月28日 12時24分

 毎月勤労統計の不正を巡り、一連の問題を調べた「特別監察委員会」(委員長・樋口美雄労働政策研究・研修機構理事長)による幹部職員への聴取に、厚生労働省の定塚由美子官房長が立ち会い、職員に質問していたことが28日、分かった。一部聴取はメールのみだったことも判明した。
 監察委が22日公表した調査報告書は「組織的な隠蔽は認められない」と結論付けた。課長補佐級以下は身内だけで聴取したことが既に判明している。「外部有識者による第三者調査」という中立性の前提がさらに崩れた格好だ。28日開会の国会審議で野党は、根本匠厚労相の責任について、罷免も含めて厳しく追及する方針だ。
(共同)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
折角太陽光発電で自前電力確保を目指したのに発火し屋根が燃えたのでは元も子もない
 折角太陽光発電で自前電力確保を目指したのに発火し屋根が燃えたのでは元も子もない、住宅用太陽光発電システムによる発火などのトラブルが、2017年11月までの約10年間で127件発生し、少なくとも7件が屋根側に延焼していたことがわかった。7件の太陽電池パネル(モジュール)はいずれも、屋根と一体型で屋根側との間に不燃材のないタイプだった。同様のタイプは全国で約11万棟にあるといい、消費者庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は28日、調査結果をまとめた報告書を公表し、注意を促した、に関連する... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2019/01/29 11:23
毎日通る坂道周辺の住宅の水道耐震化は昨年末に終了したようだが全国では未だに目標に達していないとされる
 毎日通る坂道周辺の住宅の水道耐震化は昨年末に終了したようだが全国では未だに目標に達していないとされる、東南海大地震が近い将来起きると予告されているのだから一刻も早く目標達成を実現させるべきだ、全国で敷設されている主要な水道管のうち、震度6強程度の地震に耐えられる割合を示す「耐震適合率」は2017年度末時点で39.3%だったことが28日、厚生労働省の調査で分かった。前年度比0.6ポイント増。政府が定めた国土強靱化計画では22年度末までに適合率を50%以上にするとの目標を掲げており、同省の担... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2019/01/29 11:27
毎日通る坂道周辺の住宅の水道耐震化は昨年末に終了したようだが全国では未だに目標に達していないとされる
 毎日通る坂道周辺の住宅の水道耐震化は昨年末に終了したようだが全国では未だに目標に達していないとされる、東南海大地震が近い将来起きると予告されているのだから一刻も早く目標達成を実現させるべきだ、全国で敷設されている主要な水道管のうち、震度6強程度の地震に耐えられる割合を示す「耐震適合率」は2017年度末時点で39.3%だったことが28日、厚生労働省の調査で分かった。前年度比0.6ポイント増。政府が定めた国土強靱化計画では22年度末までに適合率を50%以上にするとの目標を掲げており、同省の担... ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2019/01/30 15:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎月勤労統計不正の監察委員会報告はいかさま。何か悲劇を感じる。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる