亀井静香氏、次期参議院選挙では自民は負ける。その条件は野党共闘だ。

平成31年の元旦になり4月には平成の元号が変わる。平成31年間、いろいろなことが起こった。天皇陛下が、自分の年号に日本が一度も戦争にならなかったことを、涙して話されたことは印象的であった。

自民党の政権が一旦民主党政権に交代した時代もあった。本来は、当時の小沢一郎代表が首相になるはずであったが、地検特捜部が政治資金規正法で秘書逮捕、最終的には強制起訴に持ち込まれた。小沢首相の芽を摘んだことが、その後の民主党の失敗であった。政治を知らない鳩山、菅、野田らのつたなない政治で国民に自民以外の政党には任せられないという意識を植え付けてしまった。

その反動として、安倍政権が3期も続いている。しかし、安倍首相はあまりに調子に乗り過ぎた。加計、森友も検察が本来の仕事をしていれば、今の状態にはなっていなかったはずである。絶対多数を背景で、やりたい放題をやり過ぎた。国民の不満もマグマのように溜まってきている。

政界を引退した亀井静香氏が新年に当たり政治を予測している。参院選挙では、自民は勝てないと予測している。その理由は、自民に「飽き」が来ているからだという。地方は自民に厳しく、今の自民は確固とたる支持層がないと述べている。つまり、その時の風の方向に投票するという。

亀井氏は政界を引退したとは言っても、小選挙区で長らく苦労してきた人である。素人の思いではわからない感覚を持っている。その感覚を信じたい。しかし、それを確固とするものは、小沢が言う野党共闘であることは間違いない。


参院選、根無し草の自民は勝てない 国民は安倍政権に飽き
https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20181220/pol/00m/010/005000d

 2019年の参院選はおそらく衆参同日選になる。しかし、今の状況では自民党は敗北する。
 人心が倦(う)んでいる。安倍政権に飽きが来ている。今は根無し草の
地方の風は自民に厳しい
 今の自民党は残念ながら根無し草だ。地域にさおを差していない。首長、地方議員、関係団体、一人ひとりに支えられた政党ではもうない。選挙運動の足腰がなくなっている。
 だから野党と同じようにその時の風に流されて選挙をするだけだ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 56

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック