かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相に任せていると、兵器購入の借金地獄となってしまう。

<<   作成日時 : 2018/12/11 21:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 53 / トラックバック 3 / コメント 1

日本が、ステルス戦闘機F35を100機(1機100億円以上)買うことは、国会の承認もなく決まっているようだ。

買う裏付けとして、公のマスコミの前でトランプ大統領が「日本がすごい量の防衛装備品を買ってくれる」と得意げに話していることからも証明されている。F35にA型とB型があるが、B型は垂直離陸が出来るタイプで、空母に改造する出雲に搭載する予定である。日本は専守防衛を国是としているが、空母は専守防衛のためにあるものでない。

与党と野党がもう少し拮抗していた時代なら、こんな話が出てくれば大騒ぎになっていた。しかし、どんなことをしても国会運営は安泰なので、安倍首相は好き放題、やりたい放題である。

当初、このF35戦闘機の組み立てや一部部材生産を日本側企業が担うはずで、1400億円程度掛けて日本側企業で体制を準備していたがそれも止めになり、完成品を買う方向になったと報道されている。以下の記事にもあるように、日本企業としては何んのうま味もない。技術も蓄積される訳でもなく、ひたすらお金が米国に出ていく。安倍首相も、トランプ大統領の言いなりで、余程頭が上がらない。最近は米国からの兵器購買によるローン支払いのために、日本の企業への支払いを延期してもらっている有様である。

安倍氏の基本的な思考には、国内では自分に味方する「こちら側」、自分に反対する「あちら側」と区別する。外国に対しても、こちら側の米国とそれに敵対するあちら側の国とを区別すると思われる。だから必然的に兵器をたくさん準備しないと心配になるだろう。安倍首相を早く辞めさせて、方向転換しないと米国の言い値の兵器代支払いの借金地獄となってしまう。


トランプが嬉々として吹聴「日本がすごい量の防衛装備品を買ってくれる」
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%8c%e5%ac%89%e3%80%85%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e5%90%b9%e8%81%b4%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%8c%e3%81%99%e3%81%94%e3%81%84%e9%87%8f%e3%81%ae%e9%98%b2%e8%a1%9b%e8%a3%85%e5%82%99%e5%93%81%e3%82%92%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%80%8d/ar-BBQMzOf#page=2
富坂 聰
2018/12/11 11:00

 いつかどこかに大きなシワ寄せがくるのではないか。
 そんな不安が安倍政権にはつきまとう。1つは蔑ろにされ続ける財政健全化であり、もう1つがアメリカからの兵器“爆買い”である。

「巨額の貿易赤字は嫌だ」とシンゾーに言うと、「日本がすごい量の防衛装備品を買ってくれることになった」――。
 9月26日に行われた日米首脳会談の後、トランプ大統領が嬉々として吹聴したこのセリフに、日本国内の防衛・及び防衛産業関係者は大いに落胆したことだろう。

© 文春オンライン 山下貴裕氏 
アメリカが「売りたい兵器」を買うことになる
 それぞれに思惑は違う。
 防衛関係者にしてみれば、「買いたい装備」ではなく、アメリカが「売りたい兵器」を買うことになることが目に見えているからだ。
 一方の防衛産業関係者にしてみれば、ただでさえ小さくうま味のないパイが縮小される未来が見えるからだ。
5年前の約6倍に

そんななか「東京新聞」は11月29日付紙面のトップで〈防衛省 支払い延期要請〉と報じた。サブタイトルには、〈米兵器ローン急増 来年度予算圧迫〉とある。

 要するに、防衛装備品代金の支払いを2年から4年延期してほしいと防衛省が国内業者に要請したという趣旨の記事だ。延期要請の理由は、〈高額な米国製兵器の輸入拡大で「後年度負担」と呼ばれる兵器ローンの支払いが急増〉したことだという。

「ドナルド」、「シンゾー」と呼び合う仲を維持するため兵器を“爆買い”していることは何となくわかってはいても、それが5年前と比べて約6倍(対外有償軍事援助のローン残高)にもなっているとは驚きである。

 日本の安全保障が日米同盟の上に成り立っていることを考慮すれば、それも仕方のないことだが、いよいよ国内防衛産業への支払いを延期となれば新たなレベルでの対米依存に突入することを意味する。

 はたして日本の政治家や専門家に、その意識はあるのだろうか。

「これを買って使え」とばかりに空から兵器が降ってくる
 残念ながら、そうではなさそうである。
 平和憲法をいただく国として、その特殊性の上に、どんな装備が最も適しているかを考えながら編まれるのが中期防衛力整備計画であるが、米兵器の“爆買い”は中期防に沿って行われるのではないからだ。アメリカからこれを買って使え、とばかりに空から兵器が降ってくるのだ。

 これは料理に例えれば、料理を決めてレシピを書いた後で、勝手にこの食材を買ったから使え、と高価な食材を押し付けられて、別の食材用の予算が削られてしまったようなものだ。

 日米同盟の重要さは言うまでもないが、日本が独自の外交を維持するためにも一度立ち止まって考えるべき時を迎えているのかもしれない。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
消費税率上げは永久に続くが対策はその年限り、経済低迷は永久に続くだけ
 消費税率上げは永久に続くが対策はその年限り、経済低迷は永久に続くだけ・対策は政権交代が最良策だ、政府は11日、来年10月の消費税率10%への引き上げに伴う経済対策として、2019年度当初予算案に総額2兆円超を盛り込む検討に入った。キャッシュレス決済によるポイント還元や、低所得者と子育て世帯が使えるプレミアム付き商品券、防災・減災対策などを講じる。月内に19年度予算案を閣議決定する、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2018/12/12 12:02
政府は消費税率上げの負の効果を良く知っている・景気対策も冷や水を浴びせる結果なのか?
 政府は消費税率上げの負の効果を良く知っている・景気対策も冷や水を浴びせる結果と成らないことを祈るだけ、最良の対策は政権交代となりそうだが? 政府が今月下旬に決定する2019年度当初予算案で、公共インフラ整備などの財源に充てる建設国債の発行額(前年度当初6兆940億円)が10年ぶりの高水準に増えることが11日、分かった、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2018/12/12 12:13
「安倍首相に任せていると、兵器購入の借金地獄となってしまう。」について
「安倍首相に任せていると、兵器購入の借金地獄となってしまう。」について "かっちのブログ"様の記事を読みました。 かっち様の意見に賛成です。賛成の皆様はぜひご覧ください。 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2018/12/12 20:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
何度でも言いたいが・・・
---
我らがニッポン国は「美味しい国」
骨までしゃぶり尽くされる?
(💢)
もひ
2018/12/12 04:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相に任せていると、兵器購入の借金地獄となってしまう。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる