辺野古移設問う県民投票条例可決。条例で安倍の思いを打破せよ。

玉城デニー氏が県知事に当選し、沖縄の民意は決まったのに、政府は相変わらず沖縄の意志を無視することを決めている。このブログで、数日前に以下のブログを書いた。

『辺野古埋め立てで政府に対抗出来るのは「埋め立て是非の住民投票」か?』
https://31634308.at.webry.info/201810/article_14.html
辺野古移設の県民投票条例可決。やっぱりこれしかない。

本気で安倍首相の思いを砕くには、辺野古基地移設反対か賛成の2者択一の民意しかないと思ったからだ。県民投票「条例」というからには、決まった条例を無視することは、地方自治と国家との闘いになる。デニー氏頑張れ!

安倍首相がこれでも無視するのなら、明らかに国権の乱用になる。2者択一で決まった条例を例え自公の支持者、議員でも無視は出来ないはずである。むしろ、政府は米国に対して、沖縄の民意を正直に伝える義務がある。

この6年間、安倍政治はろくでもない法律を作り、加計、森友、山口事件では法律を犯した。あれだけ、アベノミクスを喧伝した政策も最近は自分でも言わなくなってきた。後3年とは言わず退陣してもらうしかない。


辺野古移設問う、県民投票条例可決 春までに実施 沖縄県議会
https://mainichi.jp/articles/20181026/dde/041/040/030000c
毎日新聞2018年10月26日 東京夕刊
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に対する賛否を問う県民投票条例が26日、県議会本会議で可決、成立した。条例は公布から6カ月以内の投票実施を定めており、来春までに辺野古移設への賛成、反対を2択で問う県民投票が実施される。投票結果に法的拘束力はないが、賛否いずれかの票が全有権者の4分の1以上に上った場合、知事に尊重義務を課している。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック