安倍政権になってノーベル賞の基盤が崩れてきている。

今日、 京都大名誉教授である本庶佑(ほんじょ たすく)氏がノーベル賞 医学生理学賞を受賞した。日本国民として大変喜ばしいことである。本庶氏の功績は、癌の免疫治療によるがん治療薬「オプジーボ」として、現在広く使われている。従来は、外科か放射線による治療しかなかったが、重度のがん患者にも福音をもたらしている。癌細胞が自分を攻撃されないための「PD-1」という物質の作用を発見した。PD-1の働きを抑制することにより、免疫細胞ががん細胞を攻撃出来るようになる。人間が本来持つ免疫細胞を使うため、全ての部位の癌にも効果があるという。

これで、日本のノーベル賞受賞者は26人となった。しかし、今後同じようなペースでノーベル賞が受賞出来る環境では無くなってきている。同じノーベル賞を受賞した梶田隆章・東大宇宙線研究所長は、日本の「科学力」の低下を憂えている。日本の基礎研究力の低下がここ数年来続いていると、他の著名なノーベル賞学者からも訴えられている。

その理由は、最近国立大学の運営費交付金が削減されてきているからだという。その影響で、若手研究者の環境が悪化し、博士課程を目指す若者が減っている。特にこのような危機感が訴えられてきたのは、安倍政権になってからである。お友達関連のペジーコンピューテイングのような得体の知れないものには金は出すが、何時物になるかわからない、地道な基礎研究にはお金を出さないようになっている。

安倍首相は、無用の長物となりそうなイージスアショアのミサイルに数千億円というお金を毎年掛けるという。大学への運営金を削る額は精々数十億円単位の話である。片や数千億円、さらに今回の安倍・トランプ会談で、トランプ氏は日本が兆円単位の軍備を調達することを約束したと述べた。こんなことをやっていいのだろうか?

今は過去の遺産でノーベル賞を貰っている。安倍政権がもう3年続く。これでは、失われた十年になりそうである。

科学力低下「深刻な事態」 ノーベル賞梶田氏が語る危惧

https://www.asahi.com/articles/ASL9N5W9WL9NPLBJ007.html?iref=comtop_8_01
2018年9月28日
 ノーベル物理学賞を2015年に受賞した梶田隆章・東大宇宙線研究所長は、日本の「科学力」の低下を憂える一人だ。国立大学の運営費交付金が削減された影響で、若手研究者の環境が悪化し、博士課程を目指す若者が減っている現状を「非常に心配だ」と語り、「長期的に見て、ノーベル賞はもちろんのこと、日本の学術力・科学力の低下という点で深刻な事態だ」と訴える。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック