翁長知事、 死去前に音声で、呉屋氏と玉城氏を後継候補と話す。

画像


翁長知事のご逝去により、沖縄知事選挙が前倒しになった。自民党は、宜野湾市長の佐喜真淳氏を候補とすることが決まった。これに対して、翁長氏の遺志を継ぐ候補として、今野党の統一候補を探している。今日、東京新聞(他の新聞には出ていない)が、翁長氏が死去前に、自身の後継に、「金秀グループ」の呉屋守将氏と、自由党幹事長の玉城デニー(沖縄3区衆議院議員)を指名している録音があることを報じた。東京新聞のスクープかもしれない。

呉屋氏のホームページを見ると、「金秀グループ」の総帥である。終戦後 お父さんが3名の鍛冶屋から身を起こしたとある。翁長氏が指名するぐらいだから、考えも翁長氏に近いのであろう。沖縄の業界では知名度はあると思われる。
玉城氏はご存知のように、自由党小沢一郎代表、共同代表山本太郎氏、森ゆうこ氏らがいる。玉城氏は沖縄 3区の衆議院議員で自由党として、政策的にも翁長氏の考えに近く、また立憲、共産、社民、国民民主にも受け入れてもらえる議員である。

個人的には玉城氏を推したいが、野党、県連、市民団体、本人の間でベストの選択をしてもらいたい。自民、公明候補に好きなようにさせてはいけない。

翁長知事、自身の後継に2氏指名 死去前に音声で、呉屋氏と玉城氏
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018081801001681.html
2018年8月18日
 沖縄県の翁長雄志知事が8日に死去する前に、自身の後継の知事候補として、地元小売り・建設大手「金秀グループ」会長の呉屋守将氏(69)と、自由党の玉城デニー幹事長(58)=衆院沖縄3区=の2氏を指名していたことが18日、関係者の話で分かった。音声として残していた。
 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する政党や企業、団体でつくる「調整会議」の幹部は17、18の両日、知事選への立候補を打診したが、両氏とも固辞した。
 関係者によると、音声は膵がんで死去する数日前に病室で録音されていたとみられる。
(共同)


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。

人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック