山本議員:汚れ仕事を堂々と発注できるこの国の総理がカジノ監視委員会任命の悲劇

自由の山本太郎議員が、タブーの安倍首相の恥部について、国会で追及した。この話は、ネットレベルは有名な話で、2000年。当時、安倍氏の地元・下関の自宅に計5回にわたって火焔瓶が投げ込まれるという事件が発生した。

それから3年後の2003年、この事件の容疑者として、特定危険指定暴力団「工藤会」系暴力団組長と組員、そして、元建設会社社長でブローカーの小山佐市氏が逮捕された。小山氏らが安倍邸を放火しようとした理由は、1999年におこなわれた下関市長選において安倍事務所は、安倍家や清和会と関係が深い現職市長の江島潔(現・参院議員)を支援していたが、野党系の候補者・古賀敬章の追い上げもあり、江島の当選が危ぶまれていた。そんななかで安倍事務所は、小山氏に古賀を攻撃する中傷ビラを撒くなどの選挙妨害を依頼した。安倍事務所は小山氏らと交わした“見返り”の約束を破ったため、暴力団員を使って安倍邸に放火したという話だ。

これはネットレベルの話でも、取り上げるのは憚れるもので、これを山本議員が裁判の判決文を入手で安倍首相を追及した。山本議員の質問を抜粋すると、

『暴力団と繋がりのある人物に対して、選挙妨害の仕事を依頼したのが(G:安倍)議員側っていう話なんですよ。廉潔性、カジノ管理委員会に求められる廉潔性。そことはかけ離れた感覚、選挙妨害を発注するような人間が廉潔性を求められる管理委員会の任命者でクリーンなカジノを目指すなど言ってる意味、分からないんですけどって話。

これらが事実ならば、事実ならばというよりも、もうこれは既に判決書に書かれている話ですから、これカジノ自体を止めるか、総理が辞めるか、先ず、これどっちか決めていいただかなければ話、前に進まないと思うんですけれども、総理いかがでしょう。

暴力団員とつながりのあるような人間に対して民主主義の根底をひっくり返すような選挙妨害、これを発注するということに対して大問題であると当然じゃないですか。

そのような仕事、いわば汚れ仕事を堂々と発注できるような人間がこの国の総理であり、そしてこの博打を解禁するということにおいて、それをしっかりとボールグラインドがかからないようにするねっていうことの監視役、その総元締めであるカジノ監視委員会を任命する立場にあるなんて、笑い話でしかないですよ。現実なんですから、悲劇でしかないですね。』


これに対して、安倍首相は一切、恐喝には屈しなかったので、その腹いせで火炎瓶を投げ入れたと述べた。恐喝に屈しなく潔白だと述べているが、やくざが当時の幹事長の自宅に火炎瓶を投げ入れるなど異常である。余程、暴力団を怒らせたことが窺える。

山本氏の追及は、完全に一線を越えた言い方でかなりきわどい話である。普通なら、名誉棄損だと言っていいぐらいの話であるが、安倍首相は防戦一方であった。山本氏の話が的を得た話であったと思われる。

つまり、山本氏が、汚れ仕事を堂々と発注できる人間がこの国の総理だと述べたことは、真実ということだ。加計、森についても、嘘を堂々と言う人が、カジノの監視委員会を任命することは、日本の悲劇である。





山本太郎が安倍首相にあの放火未遂スキャンダルを質問!「暴力団と繋がる人物に選挙妨害を発注する人間が総理なのか」
http://lite-ra.com/2018/07/post-4132.html




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。