愛媛県新証拠文書をフェイクというなら、首相自身が「記録」で証明しなければならない

マスコミも日大アメフトの内田監督への追及は辛らつである。もう極悪人のような調子で追及している。確かにその通りなのだが、内田監督よりももっと悪いことをしている人たちがいる。自分たちのお友達に便宜を図り、それを追及され、ボロが出て来たら、霞が関全体の官僚を巻き込み嘘を言わせ、挙句の果てに、その嘘のため人ひとりが命を絶った。国会の国政調査権に対して、文書を改ざんし、文書を廃棄して、まる一年以上も国会を空転させている。その罪は、内田監督が何人集まっても遠く及ばない。

文書改ざん、廃棄を行った財務省のトップの麻生氏が、自派会合で政府は着実に成果を上げていると述べた。その証拠に支持率は下げ止まりでこれ以上下がらないだろうと口を尖らして述べた。麻生氏は大臣はさらさら辞める気は無いと豪語している。そこには、国民に対する申し訳なさの微塵も感じない。この背景には、自分たちの罪を裁く人がいないと高を括っている。

検察は、国権の最高機関の国会を騙し、つまり国民全体を騙し、国会を1年間も空転させた佐川氏らの悪行は不起訴という。先日地検が起訴したリニア新幹線の談合事件などは、この件と相対比較すれば、事の重大さから言って大した事件ではない。大阪地検が本当に起訴しなければ、もう国民は検察に対しては、「巨悪にはビビッて罪を問わず、小悪には強気で厳しく」と思うだろう。正に籠池夫妻はその典型例だ。

加計学園事件にしても、公明党の山口代表が愛媛県の新証拠の文書を「また聞き」のレベルで信用性はないと暗に言う。自民幹事長も安倍首相の嘘を正しいという。誰が見ても嘘を言っているのに、マスコミも内田監督のような厳しい批判はしない。

その中で、毅然としているのが愛媛県知事である。愛媛県が出した新証拠文書にいちゃもんを付ける人たちに、捏造だと言う主張は「いちゃもんレベル」だといい、「よほどこれが事実だと困る人がいるのかな」と述べたという。正に名言である。これが公僕の鏡である。

今まで、安倍首相は私の話が嘘だと言うのなら、証拠を出せと言ってきた。今度は、安倍首相が愛媛文書をフェイクというなら、「記憶」でなく、安倍首相自身が「記録」で証明しなければならない。


愛媛知事「捏造主張はいちゃもんレベル」 提出文書巡り
https://www.asahi.com/articles/ASL5T363SL5TPFIB001.html?iref=comtop_8_04
2018年5月25日
 学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設をめぐり、県の関連文書を参院に提出した中村時広知事は25日の定例記者会見で、文書が捏造(ねつぞう)だという主張がインターネットなどで拡散しているとし、「いちゃもんのレベル。よほどこれが事実だと困る人がいるのかな」と述べた。文書には、安倍晋三首相が学園の加計孝太郎理事長と面会したなどと記録されていた。新たな文書の発見は現時点でないとした。
 県は21日、参院の要請で、2015年4月2日に首相官邸であったとされる柳瀬唯夫・元首相秘書官と県職員らとの面会に関する文書計27枚を提出。その中に加計学園からの報告として、加計理事長が首相と15年2月25日に15分程度面会した、という内容が記されている文書があった。首相と学園側はいずれもこの面会を否定している。
 この文書の途中で字体が異なっている部分があることから、ネットなどで「不自然」との意見も出ていた。中村知事は「(文書は職員の)口頭報告用の備忘録。間違えてはいけないという思いが強く、強調したい部分の字体を変えるのは当たり前のこと」と述べた。「よほどこれが事実だと困る人がいるのかなと。正々堂々とやりましょうと呼びかけたい。いくらそういういちゃもん付けても、何事も正直、真実というのを覆すことはできない」と強調した。
(前田智、大川洋輔)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2018年05月26日 12:21
「また聞きレベル」に対して・・・
「いちゃもんレベル」!
---
よくぞ言った中村知事!
2018年05月26日 15:26
「妻は関与していない」
まさに、いわば籠池前理事長のことばではないか?
---
(トホホ)

この記事へのトラックバック