安倍官邸の官僚絶対操縦に綻びが生じてきた。


最近、森友学園、財務省の公文書の改ざんの調査の動きが見えてこないが、検察の調査待ちということだろう。リニア新幹線の談合調査をしていた東京地検特捜部の検事が、リニアの捜査がひと段落したのを受けて、森友の事件に支援参加しているという。佐川氏も任意聴取を受けているかもしれない。その内に、検察がリークするだろう。検察が官僚を逮捕起訴すれば官僚の反乱が起こるだろう。なぜなら、原因は官邸にあるからだ。

防衛省の日報問題の謎は、森友の話が出て来て、自衛隊の日報問題は一旦沈静化していたが、何故今頃できたのか?ということである。官邸側がわざわざ物議を醸す日報問題を出すことは考えられない。やるとしたら自衛隊側の方からマスコミにリークされたものと思われる。マスコミにリークされたもので、朝日新聞のように改ざんをスッパ抜かれたら、目も当てられてないと思って公表したのかもしれない。空自の日報は、元々は当時の稲田大臣が日報というものは無いと言っていたもので、それが出て来たのだから、また、今週の国会で質問されることになっている。

元文科省事務次官の前川氏が、名古屋で講演して、文科省を批判した。前川氏の授業内容を報告するよう名古屋市教育委員会に要請した文科省について「不当な政治的な力から教育現場を守る義務があるが、それを放棄するようなことをした。職員は教育と行政の関係を自らの授業内容を報告するよう名古屋市教育委員会に要請した文科省について「不当な政治的な力から教育現場を守る義務があるが、それを放棄するようなことをした。職員は教育と行政の関係を勉強し直した方がよい」と批判した。同市内で記者団の質問に答えた。て勉強し直した方がよい」と批判した。

今回の文科省の圧力は、役人が心底意図したものではないことはわかっている。安倍首相所属の派閥の文教族が役人に働きかけてものである。前川氏もそれはわかっていて言っている。前川氏は、官僚というのは国民側に立つもので、それに反すなら面従腹背で行うべしと述べている。それも出来ないぐらい、官邸の締め付けが厳しくなったということだろう。

安倍政権になって、官僚組織が不正に関与するようになった。官僚が不正まで手を染めている理由は、安倍官邸に歯向かったと思われれば、何をされるかわからないという恐怖心があるからだと思っている。しかし、事が起こった責任はすべて役人となれば、役人の心は離反する。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック