日本の「政治と行政がぼろぼろ」になった理由は日本トップの責任。


立憲の枝野代表が、安倍政権5年で「政治と行政がぼろぼろ」になったと述べた。安倍首相になってから、加計学園、森友学園、南スーダン、イラク日報、文科省の「ご意向文書」、最近の労働局長は脅し発言など、挙げればキリがない程、隠ぺい、記録紛失、記憶喪失、文書改ざんなどの不祥事が続出している。

その原因の基を辿れば、安倍首相本人、夫妻に関わること、安倍政権を守るための隠ぺい、嘘であることがわかる。これは、明らかに国のトップである安倍首相の性格、人格に由来していると思っている。加計、森友も、お友達、自分と近い人に便宜を図ったもので、本人がいくら否定しようとも、誰も信じない。首相が何らかの関与が無い限り、行政は絶対にそのように動かないのだ。

加計学園獣医学部の入学式で、加戸元愛媛県知事が祝辞で、本人は「魔法の発言で生まれた」と述べた。「魔法」という言葉を使うこと自体、行政の手続きに使うべき言葉ではない。「魔法」=「安倍首相」だから、行政が動いたということを、図らずも表現してしまった。

今日の日刊ゲンダイ紙に、昭恵夫人が市民団体によって刑事告発されたと書かれていた。最近、WEB記事に、大阪地検特捜部は、今度はやる気だと書かれるようになった。各地から応援検事を受け入れているとも書かれている。このような情報は、検察側からのリークでないと書けないものである。検察は本気になると、自分の捜査に対して世論を味方に付けるため自分の捜査の正当性をマスコミを通して宣伝する。これをやることによって、官邸からの圧力、また外部から圧力を排除する働きもする。

検察のやる気状態の中の昭恵夫人の告発である。検察にとっては、自分たちの意志ではなく、他人から勝手に強制的に捜査をやれと尻を後押しされたことになる。これを口実に官邸を気にせず、捜査を大っぴらにすることが出来る。

今日、安倍首相が、都内で開かれた国家公務員合同初任研修の開講式で、新人官僚約750人を前に訓示した。その中で、「国民の信頼を得、負託に応えるべく、高い倫理観の下、細心の心持ちで仕事に臨んでほしい」と述べたという。自分が「国民の信頼」、「高い倫理観」で仕事をするようにと、よくぞ言えたものだ。自分が真逆のことをしておきながら、よくもシャーシャーと言えるものだ。逆説的に言えば、自分の行いに反省も無く、こんな高邁な話を平然と話せることに、その本質があると言えるだろう。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年04月05日 11:44
政府・役所が国会・国民に対してウソをついてもいい?
公文書は隠して/破棄していい?
---
ウソのつき方を競う世界大会・五輪があったら
各種目で金メダル獲得間違いなし?
(トホホ)

この記事へのトラックバック