かっちの言い分

アクセスカウンタ

zoom RSS 与党の傲慢国会運営は安倍首相の責任。いつか罰が当たる。

<<   作成日時 : 2018/04/26 20:08   >>

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 1 / コメント 0


今日は、野党が国会審議を拒否した中で集中審議として、安倍首相が維新以外の野党が出席していない中、その割り当て時間の間、じっと座って待っていた。これは、俺は出ているのに、野党は来ない場面を見せつける嫌みだろう。これを受けて、TV番組のひるおびのキャスターの八代氏が、野党は給料をもらっているのに審議拒否はおかしいと述べていた。野党の言い分も考慮もせず、持論を述べるのはフェアではない。

野党の要求は一般社会の通念から極めて当たり前のことだ。与党は審議に出ろ出ろとは言うが、今までの嘘に嘘を重ねた行いに対して、それを反省し、改善するとの確証を何ら示していないからだ。野党はその証として、財務省の改ざん、虚偽答弁、セクハラ対応の責任取って麻生氏辞任、柳瀬氏の証人喚問を要求している。民間企業なら社長の首が2つぐらいは飛んでいるはずである。

前川前文科事務次官の出会い系バーへ行っていたことを文科省全体で批判していたのに、文科省の部下が加計学園を追及されている時間帯に、林大臣が公用車で個室ヨガ施設で個人マッサージをしてもらっていたらしいが、この話題も、福田前財務次官のセクハラ問題も、すっかりTOKIOの山口氏のわいせつ報道で消されてしまった。国会の話題も完全に隠れてしまった。なぜ、今のタイミングでの公表か疑問が残る。このスクープはNHKという。NHKはもっと重要な報道があるだろうと言いたい。マスコミも山口をこれだけ叩くのなら、伊藤詩織さんを準強姦したアベ友・山口敬之を追及すべきである。

安倍首相は維新の質問の中で、「柳瀬氏は何らかの機会があれば、知っていることを全部明らかにしてもらいたい」と述べたという。これだけえらそうなことを言うなら、野党の要求通り「証人喚問」を受けるべきなのだ。その気もないくせに、嘘ばかり言う。安倍氏は、加計にしろ、森友にしろ、嘘で固めているので、官僚たちもやりたくも無い法律違反を犯したのだ。この嘘は、安倍氏が、何回国会を解散しても付いて、また付いて回る。要するに辞職するしかないのだ。その点、韓国の方がよほど自浄作用がある。検察は見習うべきだ。

今の与党の横暴を諫める薬は、今のところ世論の力でしかない。来月初めには各マスコミの世論調査が出てくる。この中には内閣支持率が20%台の数字がいくつか出てくるだろう。そう期待したい。北海道の自民の支持率は20%強で、立民は19%もある。お天道様は見ている。いつか罰が当たる。

明日、野党抜きで、働き改革(悪)法案の高度プロフェッショナル制度の改正を本会議で採決するという。与党の驕りで可決されるだろうが、残業が無くなったと後で文句を言っても始まらない。自公を支持した、もしくは無関心さの自業自得である。

これだけバカにされるのなら、本当に内閣不信任を出せばいいのだ。野党は過半数は取れないが、安倍首相が悲願の憲法発議の2/3の議員数は確実に取れなくなる。不信任を与党で否決という大恥を掻く。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
肥満予防がガン発症抑制の道であり健康で長生きの道
 肥満予防がガン発症抑制の道であり健康で長生きの道・北大研究グループが解明、肥満になると、がんになりやすくなる―。統計学的に知られていた事実について、北大遺伝子病制御研究所の研究グループは24日、原因の一部を解明したと発表した。肥満状態のマウスに抗炎症剤のアスピリンを投与して脂肪細胞の炎症を抑えると、がん細胞の発生そのものが抑えられることも分かり、研究グループは「がんを発症する前の人に、予防的な治療を行える道が開けるかもしれない」と話す、に関連する最新のWeb情報を引用すると、 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2018/04/27 09:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
与党の傲慢国会運営は安倍首相の責任。いつか罰が当たる。 かっちの言い分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる