日本政治のトップの腐ったリンゴが日本の正常なリンゴを蝕んでいる。

安倍首相の嘘が、政治家の嘘、官僚の嘘、自衛官の嘘に繋がっている。根は全て安倍首相に繋がっていると思っている。

ニ階幹事長はもううんざりと述べたが、国民はその1000倍もうんざりしている。首相は、米国から帰った足で、自民党都道府県議員研修会に出席し、全容解明に取り組み「膿を出し切る」と強調した。また、今日は桜を見る会で、やはり全容の解明で自分が取り組むと述べた。

国民は、首相は三選でまた首相になることしか考えていないと見ているので、いくらきれいごとを言っても、「おはよう」の挨拶程度しか感じない。首相が本当に疑惑を掃いたいのなら、村瀬氏、自分の妻、加計理事長らを証人喚問に招致して身の潔白を示せばいいのだ。しかし、それを拒否しているのが、嘘の証拠である。

4月末までの各メデイアの世論調査が5月には出てくる。内閣支持率は確実に下がると見ている。20%が出てくることを期待する。今回の福田財務次官のセクハラ問題は、国民がもううんざりした感情の決定的なダないメ押しである。特に、麻生大臣の何の反省も感じさない、逆に人の気持ちを逆なでするようなヒョットコ顔を見せられては、嫌悪感を増長させる。

安倍政権の下、各省の予算に最も厳しいはず財務省が法律を犯しても安倍夫婦のお友達のために8億円の値引きをし、教育勅語を生徒に言わす学園設立を行おうとした。また、その犯罪を隠すために、つまり首相の関与を隠すため、文書を改ざんし、嘘が嘘を呼ぶ状態に陥っている。

一時期、沈静化したと思われた加計学園問題も首相案件の文書が出て来て、棚瀬元秘書官との面会を行ったという確たる証拠が出て来て、柳瀬氏の記憶も思い出さざるを得ない状態になったはずである。

自衛隊の日報隠しも、最近見つかったとして表に出てきたが、こんなものは大臣が出せと言えば、簡単に出てくる代物である。要するに稲田大臣は嘘をついていたのだ。それもその指示は官邸から出ていたことは明らかである。

財務省の改ざん、セクハラ問題で、大きな話題にならなかったが、民進の小西議員に、統合幕僚監部の指揮通信システム部に勤める三佐が、「国民の敵」発言は、極めて大きな問題を含んでいる。幹部自衛官が、小西議員の警告にもかかわらず「国民の敵だ」などの罵声を約二十分も続けたことは異常である。この発言は法律でも禁じされた行為であるが、敢えて発言した確信犯である。こんな前代未聞の発言が出て来たことも、安倍首相の憲法に自衛隊を明記することと関係している。今回の事件は、5.15、2.26の青年将校の暴発を想起させる。非常に危険な兆候である。

今、日本は政治、官僚組織、モラルが溶解し出している。その膿の元が首相自身で、腐ったリンゴが正常なリンゴまで蝕んできているのだ。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年04月22日 11:19
もう「美しい国」ならぬ「嘘つきの国」か?
---
(💢)

この記事へのトラックバック