安倍首相には、山本太郎議員の質問に続いて、蟻の一穴を狙え!


昨日、共産党の辰巳議員音声データは1日の参院予算委で共産党の辰巳孝太郎氏が独自に入手したとして、その内容を取り上げた。入手した音声データに、籠池氏が財務省から帰ったとき、安倍昭恵夫人から首尾を聞かれたと話した音声データが明らかにされた。そのデータを基に、立憲民主の阿部議員が、安倍首相にその真偽を質問した。その結果は、明らかであった。首相は妻に聞いたら「妻は電話していない」と堂々と話した。それを、NHKはその弁解の姿をこれ見よがしに放映する。

安倍首相に、そのまま聞けば、「妻は電話した」などと言わないことはわかっていたことだ。質問があまりに単純である。安倍氏にとっては痛くも痒くもない。却ってNHKを使って印象操作させた。

昨日、山本太郎議員の質問は、実に考え抜いた質問であった。籠池氏の偽証罪が問われる証人喚問で証言した内容を使っている。「安倍夫人が安倍晋三からの寄付100万円」という証言を基に安倍首相を追及した。安倍首相が夫人は寄付していない。それは誤りだと述べたが、山本議員は首相が否定するのは織り込み済みである。むしろそれを言わせるのが目的であった。

それを受けて、籠池氏が偽証しているというなら、偽証罪で訴えてもらいましょうというロジックである。どちらかが嘘を言っている。安倍夫人にも証人に出てもらって、白黒を決めるロジックである。持ち時間8分でこれだけの決定的な安倍首相の嘘を暴いている。山本議員に自分たちの持ち時間を分けた方が余程、効果がある。阿部議員は、山本議員の追及の続きを行った方が効果があった。

安倍首相が籠池氏の寄付の話を嘘というなら、偽証罪で訴えろ!と追及すべきなのだ。それが出来ないのは、首相もしくは夫人が嘘を言っていることになると。

これが、安倍首相攻略の蟻の一穴である。


首相「妻は電話していない」 籠池氏めぐる音声データ
https://www.asahi.com/articles/ASL225FJBL22UTFK011.html?iref=comtop_8_04
2018年2月2日
 森友学園への国有地売却問題で、学園の籠池泰典前理事長が財務省近畿財務局に対し、安倍晋三首相の妻昭恵氏から「電話があった」と述べて交渉している音声データについて首相は2日、「妻に確認したところ、そのような電話はしていないということだった」と述べた。衆院予算委員会で、立憲民主党の阿部知子氏の質問に答えた。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


この記事へのコメント

2018年02月03日 01:20
安倍さまのNHK・・・日本呆想協会か?
(怒)

この記事へのトラックバック