マスコミ、司法もあらゆる体制が安倍忖度政治に毒されてきている。

東京新聞に麻生大臣が、共謀罪の報道を巡り「共謀罪」を最初は批判し、後になって「良かった」という新聞社の新聞を読む人の気が知れないと述べたそうだ。この記事には、具体的な新聞社の名前は挙げなかったと書かれている。

この話は、産経新聞も取り上げていて、そのタイトルは以下のようになっている。

麻生太郎副総理、「共謀罪」報道批判を追及した東京新聞記者に反論
http://www.sankei.com/politics/news/171215/plt1712150029-n1.html


産経新聞には、上記タイトルのように、気が知れないと言われた新聞社は東京新聞と書いている。さすが産経新聞である。政府の御用新聞として、麻生大臣に質問した記者を特定し、その内容も記者に反論したと書かれている。

麻生大臣は、最初共謀罪を批判して、後で「良かった」と麻生氏が言ったと書かれているが、そもそも東京新聞が、共謀罪を後で強行採決の下で、成立させて良かったと言うはずはないと思っている。この話は、一方的に勝手に麻生氏がそう述べたものと思われる。

それにしても、過去の自民党政権の中で、安倍政権ほど辟易とする政権はない。安倍政権前には、自民党政権において、これほど忖度政治、お友達政治がまかり通って行われたことはなかったと思われる。今や、自公、マスコミ、司法、官僚、警察も全て安倍首相の意向を忖度している。

民主主義の中で、自民党が政権を取ることは仕方がないが、もうそろそろ安倍の呪縛から離れないと日本は暗黒国家となる。あらゆる体制が安倍忖度政治に毒されてきた。


麻生氏「新聞読む人の気知れない」 「共謀罪」報道巡り
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201712/CK2017121502000119.html

 麻生太郎副総理兼財務相は14日、自民党の金田勝年前法相のパーティーで、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法を巡る報道を取り上げ「議論している時はぼろかすにたたき、今頃になって『やっておいて良かった』という。そういう新聞にお金を払って読んでいる人の気が知れない」と述べた。
 麻生氏は具体的な新聞名は挙げず、報道内容の説明もしなかった。
 同法は先の通常国会で、与党が参院委員会採決を省き、本会議採決を強行して成立。法相だった金田氏は不安定な答弁を批判された。麻生氏は金田氏について「答弁を多分2000回ぐらいやった結果、ごちゃごちゃしたあの法案は通った。もうちょっと評価されてしかるべきだ」と述べた。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック