当初支持率から急落した希望の党は、自民の補完政党になったのか?

昨日の衆院選挙の公示日に、NHKが世論調査を出した。これが公示日以降の最も早い調査でと思われる。政党支持率は、自民がダントツであるが、意外に感じたのは「希望の党」が4.8%で低いということである。民進が希望に合流することを決めたときは10数%の数字を見た気がしたが、この数字が小池氏の「全員を受け入れることはサラサラない」、「憲法、安全保障」の踏み絵を踏ましてから、5%弱になってしまった。この数字は、俄か新党の立憲民主の党の4.4%とほとんど同じになってしまった。これでは、いくら候補者をたくさん出しても、大量当選はあり得ない。

また、希望の党は、自公で過半数を取れない場合は、小池氏の話を総合すると自民党と連立を組むかもしれないと言われている。希望から立候補している元民進議員からすれば、当然許せない行為と思う人もいると思われる。連立の話を裏付ける話が、希望から出ている松沢成文氏が自民との「連立」もあるかもと述べている。

実際に、連立を行うような場面になったら、元民進の出身者の中には、離党者も出てくると思われる。そうでないと、普段の行動、主張とあまりに違うことになる。

国民は聞こえのいい風に流されず、本質を見極めなければならない。


各党の支持率 NHK世論調査
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171010/k10011173741000.html
10月10日 20時41分
各党の支持率は、自民党が31.2%、希望の党が4.8%、公明党が3.8%、共産党が2.7%、立憲民主党が4.4%、日本維新の会が1.3%、社民党が0.5%、日本のこころは0%、「特に支持している政党はない」が39.1%でした。



希望・松沢氏、自民との連立「あるかも」
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news2/20171010-OYT1T50080.html?from=ytop_ylist
2017年10月11日 00時16分
希望の党の松沢成文参院議員は10日のBSフジの番組で、衆院選後の首相指名選挙について、「(自民党と連立政権を組む)『大連立』、あるいは非自民連立政権があるかもしれない。選挙結果を見て、安倍政権を終わらせるために戦略的にやることもできる」と述べた。
選挙後の自民党との連立の可能性を示唆したもので、松沢氏は希望を結成した際の届け出議員の一人。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 38

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年10月11日 23:25
やはりネットで噂の「絶望の党」か?
(トホホ)

この記事へのトラックバック