憲政史上、これほどあからさまな大臣規範に反した『人治』はない。

歴代の首相の中で、安倍首相ほど、あからさまに「李下に冠を正した」男はいない。それが夫婦揃って、同じようなことをやっている。正に似た者同士である。

加計学園の実態が明らかになる程、その規模とその底なしは深くなる。これと較べれば、森友学園の話は小さく見えるのが不思議である。籠池氏は、唯一の幼稚園も閉鎖になり、借金を返すため破産状態になった。安倍夫妻から見放され、いよいよ地検特捜部の聴取を受けるという。

元々、籠池氏が安倍首相、夫人に頼み、安倍首相が省庁に便宜を図るように指示しなければ、籠池氏はこんなことにならなかったのだ。検察の事情聴取には、国の土地払い下げの経緯なども、包み隠さず話すだろう。検察も、弁護士グループが、理財局の当時の幹部たちを背任罪等で告訴しているので、検察がやる気を出せば、あっという間に、国税庁長官になった佐川氏まで手が及ぶと思われる(あくまでやる気があればの話。上を見上げている忖度組織であるので期待は出来ない)。

それにしても、腹心の友と、自分で言うことを憚らない程の中で、戦略特区での加計学園認可する時期に、ゴルフ、焼き肉店などで、奢ったり、奢られたりする中は、タガが外れまくっている。安倍首相自身が国会で述べているのだから、まるっきり罪だとの意識もない。

これは、大臣規範に抵触しているとツイッターやブログレベルで盛んに言われている。その「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」を見てみた。以下に、安倍首相と加計氏との規範違反の条文を示した。


国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範
                             平成13年1月6日 閣 議 決 定

(6)関係業者との接触等 倫理の保持に万全を期するため、 ① 関係業者との接触に当たっては、供応接待を受けること、職務に関連して贈物や 便宜供与を受けること等であって国民の疑惑を招くような行為をしてはならない。

上記を見ると、大臣のトップ、公務員のトップが、加計氏とこれ以上ない違反を行っている。これでは、公務員は全員、好き放題出来る。

毎日新聞に、安倍首相の違法な行為に対して、正に「正鵠を射る」文章が掲載された。是非読んでほしい。この中の文章で、核心個所を以下に示した。

『思想家の内田樹さんはブログで「法や憲法に従う『法治』を旨としてきたこの国の統治原理は、人が法律や憲法を自由に判断できる『人治』に移行している」と警鐘を鳴らした。 』

『近代と中世の違いは「公」と「私」が区別されているかどうかだと言う。政治主導、官邸主導の名の下で、首相に権力が集中し、政策決定にも大きな影響力を持つようになる。その力を「私」のために使う。このような政治の果てにあるこの国の形とは。「強者や権力者による総取り社会に逆戻りです。私たちは長い歴史の中で、人権や公共の福祉をどうやって獲得してきたか、どのように近代市民社会に移行してきたか、歴史に学ぶべきです』

『ビジネスで困ったら政権党を頼るなんて、日本では考えられない』と思っていましたが、日本もそんな人治国家になりつつあるのではないか」

 「加計学園」問題は「日本は法治国家であり続けられるのか」という重い問い掛けを突き付けているのかもしれない。


加計学園問題 首相は便宜を図った? 「法治」揺るがす「人治」
https://mainichi.jp/articles/20170726/dde/012/010/003000c



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック