国会議論の劣化、ここに極まる。


報道番組の中では、現政権にいくらか批判的な報道番組は朝日新聞系列の報道ステーションであると思っている。キャスターの富川悠太氏を補佐する立場の解説の後藤謙次氏は、安倍首相の寿司友として、解説も最初は政府弁護で聞くに堪えなかった。最近は、徐々に以前のスタンスから変わってきたと感じていた。昨日の後藤氏の解説は、現在安倍政権に対して、私が思っていることを、ずばり代弁してくれた。

後藤氏は、昨日、衆院の予算委員会を傍聴した感想を以下のように述べた。
後藤氏は久しぶりに国会審議を聞いたが、これほど国会審議の質が劣化した議論を聞いたことがないと述べた。昔は、与野党が、命を削って議論していたが、今は議論が全くかみ合わないと述べた。その一番の理由は、安倍首相にあると断言した。安倍首相は、憲法議論なども、自分が都合の悪いところははぐらかし、野党のバカにした言い方を行ったり、その姿勢が議論の劣化に繋がっていると述べた。

私も、安倍首相の言を左右にして言い逃れ、人を小ばかにしたような態度が、安倍政権の大臣答弁、また官僚答弁の模範になっていると思っている。部下はトップの姿を見て行動する。どんな嘘を言っても、その場で言い逃れればいいと考えている。言い逃れるということは、つまり、絶対に誤りを認めない。今問題になっている、森友問題などは、明らかに安倍首相、夫人が関わったことは自明である。それが種になって大きくなったとは誰が見ても認めるところである。

金田法相の答弁などは、国の最高機関の国会の答弁などとはほど遠い。論理が成り立たない。それこそ、市長村の会議でも通じない答弁である。それが、通ってしまう理由が、安倍首相の基本姿勢にある。どんな嘘を言っても、どんな屁理屈を言っても、自分のやりたいことを通すという姿勢からきている。

この内閣が支持率60%以上であることが信じられない。安倍首相の姿を認める日本は、また大きな過ちを起こすと思う。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年05月11日 05:57
「議論の劣化」どころではない!
---
ウソや矛盾を並べておいて、ツッ込まれるとシラを切る。
「国権の最高機関」
「言論の府」
が破壊されつつあるのでは?
---
(怒)

この記事へのトラックバック

  • 憲法改正志向で国民の目を眩ますため教育無償化に言及、だが民主党政権時代に選挙目当てと批判していた

    Excerpt:  憲法改正志向で国民の目を眩ますため教育無償化に言及、だが民主党政権時代に選挙目当てと批判していた、安倍晋三首相は自民党総裁として唐突に示した憲法改正提案で、9条への自衛隊明記とともに高等教育までの無.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2017-05-11 09:18
  • 政治家と国民、どちらが先か・前編

    Excerpt: 内閣ごとの、辞任した大臣数の比較、というのを見たことがある。 組閣前に、いわゆる“身体検査”が不足していたために、閣僚の触法行為が発覚したり、物議を醸す発言を行ったために責任を問われ、辞任に追い込まれ.. Weblog: 徳丸無明のブログ racked: 2017-05-22 00:07
  • 政治家と国民、どちらが先か・後編

    Excerpt: (前編からの続き) 「今の政治家にはろくなのがいない」とは、何十年も前、ひょっとしたら何百年も前から言われてきたことで、それはまあ確かにその通りなのかもしれないけど、かといって、その政治家を監視する.. Weblog: 徳丸無明のブログ racked: 2017-05-22 00:08