前川前事務次官、あるものをないとは言えない。公正・公平の行政は曲げてはならぬ。

菅官房長官が、加計学園の建設が決まった当時の大臣より余程経緯、内容を知っている、官僚のトップであった前川前事務次官が「総理の意向」、「トップの意向」と書かれた文章は、私が見たものと同じだと認めた。

それを、未だに菅官房長官は、出どころがわからないと言って信用出来ないとし、松野大臣が内部調査した結果が無いというから書類は無かったと強弁する。松野大臣が、正真正銘の書類があっても「ありました」などと言わないのは、誰もがわかっている。

民進の安住代表代行は、菅氏は「嘘」を言っていると述べたが、これは誰もが思うことだ。書類があったと認めたら、安倍首相が議員も辞めなければないのはわかるが、もう観念した方がいい。あまりに調子に乗り過ぎた。

当の前川氏は、インタビューで書類が無かったとする内部調査について、後輩の内部官僚がありましたと言えるはずがないと述べた。また、前川氏は、「私は文章を見たということで内閣を転覆させるものではない。」と述べた。また、「あるものをないとか言うのは、もうやめなければならない。」とも述べた。また、書類に日付けや名前が書かれていない理由は、その文章が上司に説明するレク(チャー)の文書だからと述べた。「公平、公正であるべき行政を曲げるべきではなく、それをさせてしまった責任は私にある。」と述べた。ここまで言われては、万事休すである。

安倍首相が名誉挽回するには、前川氏を、籠池氏のように国会に呼び出し、証人喚問すればいいのだ。民進は招致を要請したが、与党は応じようとない。自分たちのボスの名誉を回復させるには、招致に応じて前川氏の嘘を看破すればいいのだ。それが出来ないのは、安倍首相の意向が本当だということだ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック