今村復興大臣に見る、弱者の気持ちをおもんぱかる気遣いもない傲慢。

民進、共産、自由、社民の野党4党と市民グループの間で、次期衆院選挙での共通見解で、民進の最大懸案であった「原発ゼロ目指す」ということが了解された。その他に憲法9条の改悪阻止や安保関連法の白紙撤回、就学前から大学までの原則教育無償化なども明記された。これにより、野党共闘の基礎が出来た。自由の小沢氏が提唱するオリーブの木方式による野党統一候補者の調整により、野党勢力をまずは増やさなければならない。

上記の原発にかかわる話だが、今村復興大臣が記者会見の場で、記者から支援を切ったのは国の責任で、帰れない人たちはどうすればいいのかという質問で、帰る帰えらないのは「自己責任だと」突っぱねた。さらに食い下がる質問に怒りだして、「出ていけ、もう会見に来るな」と怒りながら退出した。

これが、災害にあわされた避難者に対する認識とは、本当に悲しい。本人が怒り出して述べたことだから、これは本人が心底思っている感情であり、認識なのだろう。避難している人の中で、帰りたくとも帰れない人の気持ちとは別次元の発言で、そこには一遍の哀れみや申訳なさの心情も感じられない。今の政府があって、この大臣があるということだ。
 
野党共闘を本物にして、せめて政権、自由化勝手に国会運営できないようにしなければならない。


「自己責任」発言への抗議、各地で広がる
毎日新聞2017年4月5日
 自主避難者を巡っては、前橋地裁が先月、国と東電の賠償責任を認める判決を出した。原告弁護団は今村氏の発言に対し「復興をけん引すべき大臣の発言として到底看過できない」と抗議する声明を発表した。原告で、群馬県に自主避難した丹治杉江さん(60)は「避難者はみんな『事故さえなければ』という思い。(発言は)国の責任を認めた判決を軽視しているとしか思えず、はらわたが煮えくりかえる気持ちだ」と話した。
 東京・霞が関の復興庁前でも自主避難者や支援者ら約20人が横断幕やプラカードを掲げて今村氏の辞任を求めた。【杉直樹、安高晋】
 <発言の経緯>
 今村氏は4日の閣議後記者会見で、自主避難者に対する福島県の住宅支援が3月末で打ち切られたことに関連し、記者から「国が責任を取るべきではないか。帰れない人はどうするのか」と質問された。今村氏は「それは本人の責任、判断でしょう」と答え、記者が「自己責任か」と確認すると「基本はそうだと思う」「裁判だ何だでもやればいいじゃないか」と答えた。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年04月07日 23:00
「国の責任を認めた判決を軽視しているとしか思えず、はらわたが煮えくりかえる気持ちだ」
---
まったく、任命責任を感じないこの最低責任者?は・・・
---
山本太郎参院議員(希望の会(自由・社民))が指摘するように「立法府の長」であるばかりか「司法府の長となるのも時間の問題」か?
---
(トホホ)

この記事へのトラックバック