アンタッチャブルな首相夫人昭恵氏の不正を告発。受理が無ければ司法までが権力に忖度。

元高等検察庁部長の三井環氏は、安倍首相夫人が昨夏の参議院選挙で応援に入った折、昭恵夫人付き政府職員を15回にわたり同行させたことは、国家公務員法違反に当たる疑いがあるとして、夫人と夫人付き職員3人に対する告発状を東京地検に送付した。

三井環氏と言えば、知る人ぞ知る人物である。大阪高等検察庁公安部長時代に、詐欺容疑で逮捕された人物である。その後、暴力団に絡む収賄罪や公務員職権濫用罪で起訴され、懲戒免職となった。その理由が、三井環氏が検察の裏金問題を告発しようとしていたことから、検察による口封じであると批判して冤罪を主張した。真実は後者の方だと思っている。

権力に対する反骨の人である。首相の夫人を告発するということは、相当な勇気が要る。告発しても、今の検察は政府の顔色を窺がって腐っているので、受理するかはわからない。受理しない方の確率が大きいようにも思える。今や検察、裁判所まで、現政権の顔色を忖度した結果を出している。この国を元の正常な状態に戻すには、国民の常識が必要なのだ。

昭恵氏らの告発状、元高検部長が送付 参院選応援巡り
http://www.asahi.com/articles/ASK4N5R5ZK4NUTIL02S.html
2017年4月20日19時42分
 安倍晋三首相の妻、昭恵氏が昨夏の参院選で候補者の応援に行った際、首相夫人付の政府職員を同行させたのは国家公務員法(政治的行為の制限)違反にあたる疑いがあるとして、元大阪高検公安部長の三井環(たまき)氏が20日、昭恵氏と夫人付職員3人に対する告発状を東京地検特捜部に送付した。
 告発状によると、職員3人は昨年6月22日~7月9日の計14回、昭恵氏の選挙応援に同行。三井氏は、これらが昭恵氏と職員が共謀して行った選挙運動に該当すると主張している。三井氏は取材に対し、「政権が国家公務員を使って選挙活動をしたことは大問題」と話した。

 安倍晋三首相の妻昭恵氏が国政選挙で自民、公明両党の候補者の応援に行った際、首相夫人付の政府職員が同行していた問題で、新たに2回の同行がわかり、これまでに判明した分と合わせて計15回になった。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック