安倍首相の森友学園の土地購入疑惑は、限りなく灰色

今、安倍首相が森友学園の問題で追及されている。森友学園と言えば、安倍首相夫人が名誉校長である。この学園は、教育勅語や五箇条の御誓文の暗唱、伊勢神宮への合宿参拝などを園児に施す、「塚本幼稚園幼児教育学園」が経営している。

理事長の籠池泰典氏は、安倍政権と密接な関係があると言われる「日本会議」の幹部であることでも有名だ。その学園のことが、なぜ騒がれているかというと、「国有地を9割引=1億3400万円」で購入したという疑惑である。その理由が、財務省国有財産審理室の話では、土地に埋まっていた生活ごみ(ビニール片、陶片、ガラス)や木材片を処理する費用(8億2千万円)を控除したからだということだ。

生活ごみを処理するのが、土地代より高いなどありえない。豊洲の土地でもあるまいし、ただ取り除けばいい話だ。さらに怪しい疑惑は、9億円相当の土地を、8年後に購入する予定で借りていたことだ。ここまでくれば、メチャクチャな条件である。常人なら、こんな土地取引が出来る訳がない。

最近、政府の話すことは、常識で考えれば明らかにおかしいことばかりである。さらに、 この騒ぎになるまで、価格を非公表にしたことだ。やましいことがあるから非公表にした、と考えるのが普通である。

この件を国会で追及され安倍首相は、もし関係していたら辞めると答えた。安倍首相が直接、自分の口で、具体的な指示を関係機関にすることはなかったのかもしれないが、安倍首相の考えを忖度して、誰かが財務省に働き掛けたことは間違いないと思われる。そうでなければ、評価額の1割程度で買えるはずがない。


安倍首相がいくら答弁で大見得を切っても、それでは世間は通らない。



国有地売却で首相「関係していたら辞める」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170218-OYT1T50010.html?from=ytop_ylist
2017年02月18日 08時59分
安倍首相は17日の衆院予算委員会で、大阪府豊中市内の国有地が学校法人「森友学園」に小学校の建設予定地として売却されたことに関連し、「妻が名誉校長になっているのは承知している。私や妻が(売却に)関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める」と述べた。
 「小学校に通う子どもたちもいるのだから、(質問は)慎重にやってもらいたい」とも語った。民進党の福島伸享氏の質問への答弁。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2017年02月19日 23:02
かっちさんも読者の皆さんもすでにお気づきのことであろう。
---
この御仁が「国有地売却で首相「関係していたら辞める」
などとでんでん云うことから、
1.「関係」を暴かれることはない?
2. メディアが騒がないように「口止め」できる?
3. 訴訟になっても裏から手を回して「不起訴」にできる?
などなど。
---
「斡旋利得」にはならないが国費が投入されているので、
脱法行為は確実だが「無い」行為を違法とした「陸山会事件」と真逆で「ある」行為を無かったこと/不起訴にするくらい朝メシ前なのだろうか?
---
隣国では大統領の不正がトコトン追求されるというのに・・・我らがニッポン国は「美しい国」ならぬ「甘い国」か?
---
(トホホ)

この記事へのトラックバック