今日の大地震は、学習効果がなく、性懲りのない日本への、神様からの警告である。

安倍首相が、ペルーで今日起こった地震についてのコメント後の記者会見で、TPPは米国抜きでは意義がないと言い、引き続き参加するように働きかけて行くと述べた。

しかし、安倍首相の足をすくう意図は無かったと思うが、その会見のすぐ後で、トランプ氏がTPPに参加しないとインターネットで明言した。安倍首相が自分で言ったように、正に「意味のない」TTPになった。安倍首相がトランプ氏に直接会ったことは、TPPに関しては全く役に立っていないことがわかった。

上記を受けて菅官房長官は、TPPについてはまだオバマ政権が続いているので、その動きを見ると期待感を述べたが、訳の分からない弁明であった。この官房長官、今日の地震の際、福島原発の冷却プールの冷却ポンプが2時間弱停止したことを聞かれ、原子力規制庁の下、世界で最も厳しい基準で運用されているので大丈夫だ、と答えたのには笑ってしまった。

今回の地震は、震度5弱程度である。震度5程度で、原発の基本の基本である燃料棒の冷却が止まるなどあってはならない。何が、「世界で一番厳しい基準で運用されている」であるか。これが震度6程度の地震であったら、どうなっていたかわからない。

同じ東電の原発がある柏崎市の市長選挙で、原発容認の市長が当選した。今回の大地震が、選挙の直前にあったのなら、結果が変わっていたかもしれない。

世界で一番厳しい基準だと何回唱えようと、原子力規制委員会は絶対に安全とは決して保証しないと力強く述べている。原発だけは、普通の火事や爆発とは全く次元が異なり、絶対に大事故がないと保証されない限り、やってはいけないものだ。目先のお金に目がくらみ事故を起こせば、子々孫々まで生活が出来なくなることを思い知るべきである。ドイツのメルケル首相は福島を見て、原発を全廃を決意。そのメルケル氏は4選を目指す。

我が国のトップは3選を目指すが、バカなトップを持つ国民は不幸の極みだ。今回の地震は、学習効果がなく、性懲りのない日本への神様からの警告である。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2016年11月22日 23:37
何が、「世界で一番厳しい基準で運用されている」であるか。:かっちさん談。
---
結果は?
1)ヘソが茶を沸かす
2)原子炉で茶を沸かす
3)冷却水が沸騰する
---
(トホホ)

この記事へのトラックバック