天皇陛下の生前退位の気持ちを「同情に乗じて」と言う男。その男を選んだ安倍政権の魂胆に憤慨する。

今、天皇陛下の生前退位について、有識者にヒアリングしている。国民の感情は、世論調査では毎回60%以上は生前退位を認めている。反対は10数パーセントである。それが、国民の素直な気持ちと思っている。今の天皇陛下は、先の大戦の慰霊を自分の父の時代のみそぎとして、本当によくやっている。天皇陛下のお言葉から、今の安倍首相のやっていることに反対しているようにも感じられる。

その安倍政権が選んだ有識者ヒアリングで、国民感情とは正反対に、60%ぐらいが生前退位に反対している。これは明らかに、安倍首相の意向を反映していると思っている。生前退位に反対している委員には、日本会議メンバー、またそれに近い人物から意識的に選ばれている。

その中でも、東大名誉教授の平川祐弘氏の言葉は、聞くに堪えない暴言であった。彼の言葉をTVで聞いて私が憤慨したぐらいだから、実際に天皇陛下、皇后陛下、皇族が聞いたら、どんなに憤慨し、悲しい気持ちになられたかと推測される。平川氏は、「天皇陛下はちょっとおかしい」と述べた男である。

今日のTV報道で、「世間の同情に乗じ、それを大み心として特例法で対応するようなことがあれば、憲法違反にかなり近いのではないか。極めてよくない先例となり得る」と述べた。

また以下のように
「ご自分で拡大解釈した責務を果たせなくなるといけないから、次に引き継ぎたいという個人的なお望みを、テレビで発表されたのは異例だ。それを特例法で対応するなら憲法違反に近い。悪しき前例となり皇統が内側から崩れかねない。」とも述べた。

この男、何が憲法違反か?一般国民は、生まれてから、自分の自由意志で職業を選び、辞めたいときは勝手に辞められる。また政治にも勝手に参加出来、自分の意志を表明することが出来る。それこそ憲法で保障されているように、何人も強制されない基本的人権である。ところが天皇陛下は、偶々天皇家に生まれれば、その身分から逃れることは出来ない。また政治的な心情も表すことも出来ない。

それを、「世間の同情に乗じて自分のわがまま」というようなレベルで語られれば、本当に胸が張り裂ける思いをされると思われる。それに反論さえ出来ない。天皇陛下、天皇御一家にも基本的人権がある。平川氏のような男を選ぶ安倍政権に、安倍首相の魂胆が見え見えである。

日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2016年11月16日 00:03
かっちさんの分析・解説に激しく同意!
---
我らがニッポン国は・・・大手企業が「ブラック」な勤務状況であるのに加え、天皇陛下という「職位」もブラックな勤務状況では?
---
しかし、国民/国家の象徴である天皇陛下を「憲法違反」という御仁は少なくとも「侮辱罪」が妥当か?
---
(トホホ)
2016年11月16日 12:58
オランダ王室もベアトリクス女王が皇太子に王位を譲ったというのに・・・
我らがニッポン国はどうなのか?
明治憲法ではあるまいし。
---
訂正希望:
有識者 > 無識者?
---
トホホ

この記事へのトラックバック