民進が、連合会長と二階幹事長の会食にビビルならもうお終いだ。

昨日、連合の神津会長と自民二階幹事長と先日小池東京都知事と会食したレストランで会食した。理由は、民進と連合のギクシャクしている間柄に手を入れて、もっと不仲にさせようとしているからだ。二階氏、連合会長と会うだけで、民進に揺さぶりを掛けている。連合としても、二階幹事長と会うことによって、共産と組むなと圧力を掛けるつもりなのだろう。

連合も連合だ。自分の言うことを聞かないから、自民と別に組む訳ではないのに当てつけで二階幹事長と会うのは情けない。連合は労働者の味方ではなくなっているいうことだ。組合自体が、昔のように経営者と対立して、ストをする訳でもない。連合新潟が自公公認の森氏を推薦する自体が、経営者と一体になっている。

これに対して、共産の志位委員長が、「連合か共産かきちんと選べ!」と言った。共産だけでなく、他の自由、社民もはっきりしろと言いたいだろう。ここで政権を死ぬ気でもぎ取ろうとするなら、また自公が最も嫌がる戦法は、毒食えば皿までと、共産と共闘することだ。

民進がよく、政策、綱領が違う党とは組めないというが、はっきり言って、共産ほど純粋な党はないと思っている。共産は自衛隊を認めない、日米同盟も認めないというが、大局で話し合えば落としどころはある。かつて自民が当時対局に居た社会党の村山党首を首相にしたぐらいである。どうにでもなる。首相を小沢一郎にすれば上手くまとめてくれるだろう。

そうは言っても、今の蓮舫代表や、特に新潟知事選挙で連合に謝罪した野田幹事長ではなかなか難しいように思われる。他の多くのブログでも提案されているように、民進には期待しないで、共産、自由、社民、市民連合で戦うしかないようにも思える。民進、連合抜きでも新潟知事選挙現象を起こせばいいのだ。


共産・志位和夫委員長 民進党執行部に「連合か共産かきちんと選べ!」
http://www.sankei.com/politics/news/161027/plt1610270032-n1.html
 共産党の志位和夫委員長は27日の記者会見で、次期衆院選での野党共闘をめぐり、民進党最大の支持団体の連合が「共産党と一線を画すよう要求している」と述べ、民進党執行部に対し、連合の求めを拒否し、共産党との共闘路線を続けるよう求めた。
 志位氏は、「(野党間の)本気の共闘をやるうえで、連合指導部の要求に従う道を選ぶのか、野党と市民の共闘に真剣に取り組む道を選ぶのか。民進党に前向きな決断をしてほしい」と指摘。「選挙協力は自分のところだけよいということではない」とも述べ、中途半端な対応に終始する民進党執行部を批判した。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2016年10月27日 23:10
かっちさんの指摘の通り!
---
改名希望:「連合」> 「野合」もしくは「迎合」?
(トホホ)

この記事へのトラックバック