もういいかげんしろ! 新電力会社まで原発の廃炉コストを負担とは何事か!

電力事業解放で、再生エネルギーを電力とする、またはガス事業を母体とする新電力会社が参入する。その新会社にも、既存電力会社の都合で稼働させている原発の廃炉費用、核廃棄物管理費用を、原発を持たない新電力会社にも負担させようと、政府が画策している。私などは、多少料金が高くとも、原発を使わないで、再生エネルギーや水素を用いる燃料電池による電力会社と契約したいぐらいに思っている。

既存電力会社の意思で電力事業を行っている電力に原発と全く関係のない新電力会社にも負担させることは、結局原発反対の消費者にまで、原発のツケを払わそうとしている。

廃炉費用ならいいだろうという魂胆かもしれないが、お金には印は付いてない。原発反対の消費者から吸い上げたお金が、正に燃料棒の購入、稼働人員の給料に化ける。

既存電力会社が100歩、千歩下がって、原発稼働をするなら、これ以上国民に迷惑を掛けるな!と言いたい。こんなことをやれば、原発反対のプラカードを掲げている住民が、原発推進のためのお金を既存電力会社に提供しているようなものだ。これは許せない。この動きだけは、心ある国民、マスコミは大声上げて反対しなければならない。

原発コスト
新電力も負担、政府調整 料金に上乗せ
http://mainichi.jp/articles/20160908/k00/00m/020/137000c
毎日新聞2016年9月8日

画像


 政府が原発の廃炉や東京電力福島第1原発事故の賠償を進めるため、大手電力会社だけでなく、新電力にも費用負担を求める方向で調整に入ったことが7日、わかった。電力自由化で大手電力から新電力に契約を切り替える消費者が増えた場合、原発の廃炉や原発事故の賠償にかかる巨額の費用を賄えなくなる可能性があるためだ。だが、本来は大手電力が負担すべきコストを国民全体に求めることになり、議論を呼ぶのは必至だ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。








精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)
新潮社
澤 昭裕

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 精神論ぬきの電力入門 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

関西電力と原発
西日本出版社
矢野 宏

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 関西電力と原発 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2016年09月08日 21:29
かっちさんのお怒りがひしひしと伝わってくる。
というよりもう適切な?「形容詞・形容詞句?」が無いのでは?
---
(問い:下記から適切な?ものを選べ)
1. 気がしれない
2. 気が狂っている
3. 開いた口がふさがらない
4. 尋常でない
5. 常軌を逸している
---
(怒)
---
【蛇足】
「電力自由化」改め「電力不自由化」か?(トホホ)
2016年09月08日 23:47
かっちさん、訂正?希望!
---
誤:「電力会社」
正:「権力会社」
(怒)

この記事へのトラックバック