野党統一候補鳥越氏の落選は極めて残念。野党共闘を進化すべきだ。

今回の東京都知事の当選結果の報道ほどあっけないものはなかった。午後8時になったら、NHKがすぐに小池氏の当確を発表した。家の中で、今回は小池、増田、鳥越の三つ巴で、しばらく当選確実の発表はないのではないのではないかと話していたからだ。

しかし、出口調査では、小池氏がダントツで、鳥越氏の2倍以上の差であった。先日の世論調査をした結果の順位そのものであった。当選確実が決まって、開票している選管の人たちも気が抜けた状態になる。

前回の知事選挙では、舛添氏の得票は、宇都宮氏と細川氏の得票を合わせた数と、ほぼ同じだった。このことを考えれば、今回の野党統一候補の鳥越氏の得票はひど過ぎる。このブログでは鳥越氏は宇都宮氏に頭を下げて、自身への応援支援をお願いすべきだと書いた。じっさいに鳥越陣営から宇都宮氏に支援依頼を行ったという。

これに対して、宇都宮氏は鳥越氏の施策はOKだが、週刊誌が書いた女性問題に対しては、鳥越氏の説明は納得いくものではないということで、結局支援を行わなかった。このことは、宇都宮氏が鳥越氏の女性問題を間接的に認めた結果になった。宇都宮氏陣営の態度も大人げなかったと思っている。

宇都宮氏の目指す都政は、小池氏のものとは対極ではなかったのではないかと思っている。反小池氏という考えは同じはずであったが、非常に残念な結果になった。特に、小池氏は日本会議の副会長で、ある意味、目指す思想は安倍氏に最も近い人物であるからだ。

鳥越氏の大負けは、宇都宮氏が支援拒否の原因ともなった文春、新潮の女性問題記事も影響しただろう。鳥越氏側は両紙を刑事告訴した。この裁判では、大きく取り上げるべきである。選挙無効だと言ってもいいくらいである。鳥越氏弁護団は、今後の野党活動のためにも、断固戦うべきである。

昨日、知事選挙に責任のある野党第一党の民進の岡田代表が、この選挙結果を予見したかのように、次期代表選挙には出ないと表明した。後継候補者として、蓮舫氏、細野氏、前原氏の名前が挙がっているが、共産との野党共闘に否定的な前原、細野はやめてほしい。なぜなら共産党を含めたオール野党共闘でないと勝ち目がないからだ。


日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年08月01日 12:22
野党共闘を掲げるならば、その目的が「自民党に勝つ為」等という小さなものであってはならない。
「国民の生活の為」これが本当の目的であり、野党共闘等は単にその手段の一つとして選択されるに過ぎない。
要は手段と目的を取り違えてはならないということだ。そこをきちんとわかっていたから、宇都宮氏は身を引いたのであり、同じ理由で宇都宮氏は鳥越氏の応援を断ったのでしょう。
2016年08月02日 12:51
厚いのは化粧でなくてツラの皮か?(トホホ)

この記事へのトラックバック