野党4党と市民連合が、参院選挙で政策協定締結」 自公には脅威なのだ!!

野党4党と市民連合が、参議院選挙での政策協定を締結した。よくここまできたものだと感慨深い。生活の小沢氏が、オリーブの木構想を最初から提唱していたが、共産党が本当に大人の対応をしたと思っている。民進内の自民補完勢力が共産党をコケにして、共産党内部ではかなり怒ったと思うが、一切民進を非難することなく、大人の対応をしたと思っている。市民連合と野党4党の政策協定は以下である。

1.安全保障関連法の廃止と立憲主義の回復
2.改憲の阻止
3.公正で持続可能な社会と経済をつくるための機会の保障
4.保育士の待遇の大幅改善
4.最低賃金を(時給)1000円以上に引き上げ
5.辺野古新基地建設の中止
6.原発に依存しない社会の実現に向けた地域分散型エネルギーの推進

上記の中で、民進がよく協定に入れたものだと思う政策は、5の辺野古新基地建設中止、6の脱原発の政策である。この中に、TTPの話がはっきり出ていないのは、民進の中でコンセンサスが取れなかったのであろう。だが、まずはこれだけの基本政策が結べたのは、安倍政権が強権政治だったから、まとまったと言える。

民進の意向を受けての話と思うが、連合が政治団体「国民怒りの声」代表を務める小林節慶応大名誉教授と話し合い、民進の比例名簿に入らないかと働き掛けた。しかし小林名誉教授は、民進とは政策は違うと拒否した。違うと言った理由は、隠れ自民党議員を内包しているからだろうが、小沢氏は野党の統一名簿を作れと言っている。

この記事が、日刊ゲンダイ紙に載っている。前記の小林名誉教授も、当初から野党統一候補名簿を作れと言っている。そのキーマンが民進の岡田代表というのが何とも歯がゆいところだ。小沢代表なら0.1秒も掛からないでGOをかける。なぜなら、これで野党の死票が圧倒的に減るからだ。その単純な計算が出来ない民進に、野党第一党の資格はないのだが、期待するしかない。民進もバカでないので、選挙公示日のギリギリに統一名簿に踏み切ると思っている。それが出来ないのなら、本当にバカ者だ。


民進・岡田代表は英断できるか「野党統一名簿」の踏み絵
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183073

 参院選が迫る中、民進党の岡田代表が「野党統一名簿」に踏み切れるかどうかが、改めて注目されている。

 永田町関係者がこう話す。

「小林節教授の『国民怒りの声』の立ち上げは、民進党の消極姿勢が引き金です。小林教授は『野党統一名簿が実現すれば、いつでも降りる』と強調しているわけで、岡田代表が1人区に続き、比例区でも野党共闘を実現させれば、野党勝利の可能性が一気に高まります」

 民進党の支持率は1桁台で低迷。単独で比例票増加は困難とみられており、前回(13年)の700万票を下回る恐れも指摘されている。冷静に考えれば、民進党が票の上積みを狙う手段は、野党統一の比例名簿しかないのだ。

「岡田代表がここで英断し、安倍政権打倒の本気度を示すサプライズを起こせば、恐らく比例票は倍増する。1500万~2000万票も夢ではありません」
すでに小林新党は候補者発表に向けて動き出しているから、その“内定候補”と民進・社民・生活の候補が一緒になればいいだけだ。野党の死票が減って当選ラインが下がるため、野党当選者は確実に増える。民進党にとっても悪い話じゃない。

「政権寄りのメディアが『時間切れ』などと盛んに流しているのは、与党の危機感の表れともいえる。タイミング的にはギリギリとはいえ、公示直前でもサプライズ効果が期待できます」(永田町関係者)

 連合が統一名簿に積極的になったのは、参院選勝利の切り札になることに気が付いたためだろう。岡田代表の“男気”にかかっている。
(ジャーナリスト・横田一)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2016年06月09日 19:43
「野党と市民の結束で森ゆうこ予定候補勝利必ず」
---
この見出しは何を隠そう/隠すまい「しんぶん赤旗」(オンライン版のものだ!(👍)
---
もう時代は変わった。
イデオロギーの問題ではない!
大企業の利益を追求し、憲法をぶち壊す「壊憲テロ政党」と国民の主権/生活を重視する「立憲民主政党」+「市民団体、国民」の対決となった!
---
アベNOミクスにレッドカード👎を!
(エイ、エイ、オー!)
2016年06月09日 20:38
「アベノミクスをもう一段、ギアアップして吹かしていく」だと?
マニュアルシフトのクルマを運転したことのある人は分かるように「加速」するときは「一段ギアを下げる」ものだ!
(怒)
---
まあ、何でもお任せのボンボンには分かるまい?(トホホ)
高速道路で5速(スポーツタイプでは6速も)にギアアップするのは「速度が十分に出て」「安定走行に入った」ところからではないのか?(トホホ)
---
無理にギアアップすると「失速」するのが分かっていない。
「教習所」いや「S小学校」からやり直し希望!(怒)

この記事へのトラックバック