トランプ氏が大統領になれば、ポチ根性から脱却する良いチャンスである。

トランプ氏が大統領になったら、日本の防衛費全額を要求し、応じなければ駐留米軍を撤収すると息巻いている。これは、日本にとって願ってもない話である。駐留を止めるというなら、日本が出している思いやり経費も出さなくても済む。その分、専守防衛費に回せばよい。今最大懸案の沖縄辺野古への基地移転の話も無くなる。

米軍が駐留しているから、他国が攻めてこないなどという単純な話ではない。当然、日米同盟の内容も変わったものになるはずである。トランプ氏は各国で核兵器を勝手に持てとも言っている。トランプ氏は、上記のように脅せば、日本は防衛費全額を出すと思っているのであろう。

日本は米国に対して一線を引けるいい機会である。米国がそう言うなら、日本も自立することになる。本当にそうなれば、逆に米国が困ることもたくさん出てくるだろう。米国軍が日本の土地にタダで駐留出来、思いやり予算付きで駐留出来るメリットをどこまで知って言っているかわからない。

トランプ氏が大統領になれば、米国はあらゆる面で、利害、損得関係の再構築を図らなければならないし、関係各国も米国との付き合いの全面見直しを行うことになり、逆に大きな損が出てくるかもしれない。今までポチでいた日本が自立するいい機会ととらえた方がいい。ただ、ポチであった霞が関は焦っているだろう。ポチ根性に浸りきった自民も焦っているだろう。こういうときには官僚に頼り切っている自民よりは、小沢氏のような政治家が頼りになる。


トランプ氏、日本防衛費全額要求 応じなければ駐留米軍撤収の持論
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016050501000903.html

2016年5月5日

 【ワシントン共同】米大統領選で共和党候補の指名獲得を確実にした実業家トランプ氏(69)は4日、大統領に就任すれば、日米安全保障条約に基づき米軍が日本防衛のために支出している国防費の全額負担を日本に要求する考えを表明した。CNNテレビのインタビューに答えた。

 トランプ氏は金額に言及しておらず、日本に要求する負担がどのくらいなのかは不明。

 米軍が駐留する韓国やドイツにも同様に要求する考えを示し、応じなければ駐留米軍を撤収するとの持論も曲げなかった。指名獲得を確実にし、大統領に選ばれる可能性も出てきただけに一層波紋を広げそうだ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2016年05月06日 21:18
かっちさんの言うように「たら、れば」の話であるが可能性としては無くもない?ので、我らがニッポン国も心の準備をしておくことに全く異論はない。(👌)
---
ただ、大統領閣下が勝手に決められる事案でもないので米国暴総称(誤変換)との予算調整も必要だろうし、何よりもニッポンとの「対話」が広がるかどうか?(トホホ)
---
その趣旨で言えば、安保条約は一旦「解約」か?
2016年05月09日 20:11
まあ、一説によると?
米国開閉隊(誤変換)は沖縄のようなビーチに基地があるといいらしい。オフ(休暇)をプライペートビーチで過ごせるのが良いとか?(トホホ)
---
日本の基地は無条件返還してもらってリゾート基地に改修し、海兵隊員及び家族には割引料金で利用してもらうのも手か?
---
もちろんその前(返還時)には、土壌汚染などの除去負担をしてもらうのがスジだ!

この記事へのトラックバック