これで辺野古への基地移転は なくなった。そう思いたい。


沖縄で先月28日から行方不明の女性の捜査で、米軍の軍属を逮捕し、男の供述通りに女性の遺体が発見されたという。米国、日本政府と共に、オバマ大統領が来日する丁度この時期に何とタイミング悪く事件が起こってしまったと思っているだろう。また、翁長知事が辺野古基地移転反対で、NYに行ってマスコミや政府関係者と会った後に起こった。

米軍も、基地移転時期で変な事件は起こさないように、口を酸っぱく注意喚起を行っているが、こんな事件が起こってしまった。トランプ氏は、多額の援助資金を出さないと日本から軍隊を引き揚げるというが、こんな事件が毎回起こるなら、熨斗を付けて出て行ってもらった方がいい。

日本の女性、少女が毎回、こんな事件に会っている。米国の女性がこんな事件に巻き込まれたことは聞いたことがない。これは、やはり日本を一段下に見ている証拠である。米軍は日本を守るどころか、日本人を殺して、人権を蹂躙している。これは米軍が地位協定で治外法権の社会に住んでいるからだ。

この事件で、沖縄基地移転問題は、もう政府、米国の思惑のようには進まないだろう。翁長知事は記者会見で、憤懣やるかたない表情で抗議している。沖縄県民はもっと怒れ。この件で、政府の菅官房長官は通り一遍の抗議で済ますだろう。日本人を守るでなく、逆に殺すような米軍ならもう日本にはいらないのだ。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


この記事へのコメント

2016年05月19日 22:23

この記事へのトラックバック