安倍首相がいくら憲法9条を唱えようと、民意は過半数が反対だ。

安倍首相は、憲法9条の改正をTVで述べた。これほど憲法改正に拘っている政治家はいない。余程、爺さんと同じように戦争したいらしい。岸信介氏は戦犯であったが、何らかの取引をして刑を免れたと言われている。

安倍首相は、憲法を変えないことは思考を停止していることだと言う。本当に、国民が思考を停止していると思っているのか?自分こそ、もう憲法改正しか道はないと思い込んでいる。60年間、日本が戦闘により一人の犠牲者も出さなかったのは、憲法9条があったからだ、ということをどう思っているのか?自分の著書の中で、日本人の血を流さず、米国の傘の中でただ乗りしているのだから、日本人も血を流すことを覚悟しろ言う。





首相、9条改正に意欲 「後回しでいいのか」TV番組で

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016042901001624.html

2016年4月29日

 安倍晋三首相は29日放送の日本テレビ番組に出演し、憲法9条改正に意欲を示した。「これからもずっと後回しにしていいのか。思考停止している政治家、政党の皆さんに真剣に考えてもらいたい」と述べた。夏の参院選では、野党も含む憲法改正に賛同する勢力で改憲の国会発議に必要な定数の3分の2の議席確保を目指す考えも重ねて示した。憲法改正が参院選の争点となるのは必至だ。番組は28日に収録された。

 野党内の改憲派にも秋波を送ることで、参院選に向けて進む野党共闘の強化を阻みたい狙いがあるとみられる。

(共同)




しかし、いくら首相がそう言おうとも、安倍政権下での改憲は56%の国民が嫌だと表明している。まるで、安倍首相のTV会見にぶつけた形で調査している。改憲賛成が33%もいるが、その2倍ほどが反対と述べている。国民の良識を感じる。安倍首相がこれほど何回も憲法9条改正を言っているので、参院選挙に自民党が勝てば、民意は改憲を支持したと言うだろう。考えはミエミエである。そう言わせないためにも、一つでも多くの選挙区で野党共闘を実現すべきだ。


安倍政権下の改憲反対56% 世論調査
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016043001001511.html

 共同通信社が29、30両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三首相の下での憲法改正に「反対」が56・5%で「賛成」の33・4%を大きく上回った。熊本、大分両県で相次いでいる地震への安倍政権の対応には「評価する」「どちらかといえば評価する」の合計が64・5%に上った。内閣支持率は48・3%で、3月の前回調査48・4%から横ばい。不支持率は40・3%だった。

 首相は9条を含む憲法改正を目指し、夏の参院選で改憲勢力拡大を図る意向を示しているが、根強い反対論が政権戦略に影響を与える可能性もある。

(共同)




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年05月01日 23:35
"Show the blood" か?(怒)
2016年05月01日 23:45
「伊勢志摩サミット」で会うはずの要人にこのゴールデンウィーク中に会いに行く必要があるのか?
---
先週末の日刊ゲンダイ(オンライン版」にその趣旨の記事があった。
全くだ。
---
この御仁は「夫婦旅行」を楽しんでいる場合だろうか?(怒)
2016年05月02日 22:06
東京新聞オンライン版
---
安保法は「違憲」 500人が26日提訴
2016年4月21日 朝刊
 弁護士らでつくる「安保法制違憲訴訟の会」は二十日、東京・永田町の参院議員会館で集会を開き、安全保障関連法の施行で憲法が保障する「平和的生存権」を侵害されたとして、原爆や空襲の戦争被害者や基地周辺住民ら約五百人が原告となり、国家賠償訴訟を二十六日に東京地裁に起こすことを明らかにした。
 六月には全国の各地裁で同様の訴訟を起こすという。
 集会には立ち見を含め、四百人を超す市民が駆けつけた。訴訟の原告になる「安保関連法に反対するママの会@埼玉」の辻仁美さん=さいたま市=は「子どもを戦争にやるために、子を産み育ててきたわけではありません」と訴えた。
---
ママさんたちの怒りでアンポンタン法制粉砕!

この記事へのトラックバック

  • スマホや関連機器で予想外の重大事故、取り扱いに注意が必要

    Excerpt:  スマホや関連機器で予想外の重大事故、取り扱いに注意が必要、スマートフォン(スマホ)などの携帯電話や周辺機器が原因で起きた事故が、2010年度からの5年間で計239件に上ることが、独立行政法人製品評価.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2016-05-01 12:13