報道の自由72位を受けて、張本人の政府が否定するのはパロディーということだ。

報道の自由が前年度より11下がって72位という。11下がったのは、明らかに安保法、秘密保護法のせいだろう。それに対して、菅官房長官が何ともおかしな表現で、「極めて」確保しているという。菅氏がいくら自由はあると答えても、誰も納得しない。別に安倍政権に敵対した団体が格付けしている訳でないからだ。

実際問題として、NHKのクローズアップ現代、News23の岸井氏、古館氏の報道ステーションが軒並み、メインキャスターが変った。

News23の岸井氏の代わりが星氏である。この男も食えない男である。民主党の代表選挙、小沢氏の強制起訴のとき、口を極めて批判していた。また、何故かちゃっかりと報道ステーションの解説者に納まったのが後藤氏である。特に、後藤氏は安倍首相の寿司友である。そんな男がしたり顔で、政府を批判するでもなく、毒にも薬にもならないようなことを言っているのは聞く気も起らない。最近は後藤氏の顔を見ると虫唾が走る。

富川氏も、そんな後藤氏の話を後生大事に聞いている姿を見ると、なんとも痛々しい。

民進の岡田代表が上記の72位の件について、上手いことを言っている。72位になったのは、別に国民がその数字を押し下げた訳ではない。その押し下げた数値は、権力者である政府を想定して付けられたもので、その権力者の政府が、そんなことがないと言っているようなものだ。


もっと卑近なたとえ話として、縁もゆかりない第三者の目の前で、音を立ててオナラをした人が、第三者に向かって自分は決してオナラをしていないと言っているようなものである。

岡田氏はこれはパロディーでしかないと述べている。



報道の自由度72位、恥ずかしい」 民進・岡田代表

http://www.asahi.com/articles/ASJ4Q6DRQJ4QUTFK00Z.html?iref=comtop_list_pol_n02

■岡田克也・民進党代表 

 (報道の自由度ランキングで日本が72位となったことに)極めて恥ずかしい結果。安倍政権になって相当ひどいことが行われていると海外から見られている。官房長官は報道の自由は極めて確保されていると言っている。報道の自由の対象は権力者である総理や官房長官だ。当事者が大丈夫だと言っているのはまったくパロディーでしかない。(22日、記者会見で)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年04月22日 22:35
まあ、
国会偽員(一部誤変換)の「暴言の自由」「噓の自由」
役所の「黒塗りの自由」
は100%認められているらしい?(トホホ)

この記事へのトラックバック