自民党の自己崩壊。今こそ新たな野党共闘の再構築を!

今、国会が開催されているが、NHKは国会中継を避けているようにも思える。なぜかというと、今自民党はまるで積み木倒しのように不祥事が続いている。昨日も書いたが民主党は、小出しにURと甘利事務所との会話の新たな録音を公開した。民主党は、ほんど全ての会話録音を保持しているとみている。

甘利氏が逃げ続けていると、自民党自体もどんどんダメージを受ける。その方が野党、国民にとっていい。いつまでも不眠症で逃げている方がいい。それが長いほど、自分自身がドツボに陥るからだ。

自民党は、雪崩状態で自己崩壊してきた。

民主にはコケにされているが共産党が、有言実行で野党共闘を実現するために、北海道5区で自党の候補者の出馬を取り下げた。民主党にコケにされなからも、約束は果たした訳である。民主の鈴木貴子氏が民主候補を応援せず、自民党候補を応援するという。新党大地の支援者がこれを許すなら、大地の有権者も何だったのかと言いたい。

この中で、共産党が、戦後初めて社民の党大会に出席することを決めたという。共産党は明らかに自己改革を行っている。小沢氏がインタビューで、共産党の変化について話していた。共産の志位委員長に、共産党が憲法を守るというなら、天皇陛下による国会開始の宣言の式に出るべきと言ったら、その式に出席したことを話していた。民主党の後ろ盾の連合が共産党との連合を阻止しているのなら、壮大なる時代錯誤である。

自民党の自己崩壊が始まってきた中、今こそ、野党内の新たな共闘の再構築をすべきなのだ。


共産党、野党共闘へ候補取り下げ 衆院北海道5区補選
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016021801001837.html
2016年2月18日 21時46分

 夏の参院選の前哨戦となる衆院北海道5区補欠選挙(4月24日投開票)で、民主党北海道連と共産党北海道委員会が18日、共産党が既に公認した新人橋本美香氏(45)を取り下げ、民主、維新、社民の各党が推薦する新人の池田真紀氏(43)で野党候補を一本化することで合意した。19日に正式発表する。関係者が明らかにした。
 共産党中央委員会広報部によると、衆院選で野党共闘のために公認候補を取り下げるのは初めて。夏の参院選での野党共闘の動きに弾みがつく可能性もある。
 町村信孝前衆院議長死去に伴う同補選では、自民党が既に町村氏の娘婿の新人和田義明氏(44)を公認している。
(共同)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック