参議院選挙前には、自衛隊員の新任務の実態を語ろうとしない怖さ

あれ程急いで強行採決をして可決した安保法は、採決から6か月以内ギリギリの3月29日に施行するという。しかし、施行はするが自衛隊の新任務の詳細の発表は、来年の参議院選挙が終わった後にするということだ。普通の施行のパターンは、施行日には施行の内容を明らかにするものである。安保法制の内容を参議院選挙前に明らかにすれば、多くの国民に、疑念、憂慮を巻き起こし、自公候補者に不利に働くと見ているようだ。それだけ、政府も心の中では、相当に危険な法律と思っていることがわかる。

一番憂慮すべきは、後方支援という名の戦争参加、また相手を殺し、殺されるかもしれない駆けつけ警備も随時可能となることだ。今まで、戦闘で自衛隊員の誰一人も死者を出していないという誇りが、今後確実に変化するだろう。もし、こんな事態が嫌なら、また懸念しているなら、参院選挙で野党共闘している党に投票すべきである。まずは、参議院での与党過半数割れを実現すればいいのだ。

自公に反対する野党が過半数をとれば、自公も安保法制のような強行採決は出来なくなる。政府も野党の話にも少しは耳を傾けざるを得なくなる。最低限、日本をそういう国にしなければならない。


安保法3月29日施行へ 自衛隊新任務は先送り

2015年12月5日
 政府は9月に成立した安全保障関連法の施行日について、来年3月29日を軸に検討していることが分かった。複数の政府関係者が5日明らかにした。施行後は、自衛隊による集団的自衛権行使や国際紛争に対処する他国軍への後方支援が随時可能になる。安倍政権は来夏の参院選への影響を避けようと、安保法に基づく新任務の適用は来秋以降に先送りする方針だ。

 安保法は9月30日に公布され、6カ月以内となる来年3月までには施行される。期限直前となる29日に開かれる予定の閣議で施行日を定めた政令を決定し、即日施行する案を想定している。

(共同)



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック