日韓の慰安婦問題の急転妥結の裏には米国の影が見える。日韓首脳の交流が無いのは異常。

慰安婦問題では、一貫して「軍の関与」はなかったとしてきた安倍政権が、ある意味180度態度を転換し、岸田外相が以下のように軍の関与も認め、政府の責任も認めた。

岸田外相「慰安婦問題は当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から日本政府は責任を痛感している」

さらに、安倍総理大臣の言葉として、こころからのおわびと反省を岸田外相の口から表明させている。

岸田外相「安倍総理大臣は、日本国の内閣総理大臣として改めて慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する」

これは、正直言って、安倍首相、自身が自ら思って、そうしたようには思えない。この大きな原因はやはり米国からの指示(命令)と言っていいくらいの牽引力があったと思われる。これにはネットウヨの連中もビックリして、いつも調子を狂わされただろう。村山元首相が、今回の安倍首相の決断を誉めていることからして、ウヨさんに堪えがたいことだろう。

これで韓国側では、一部の団体、マスコミがこの程度の謝罪とお金では手を打つなと言っているようだが、日本側としてかなりの譲歩をしたといいのではないか。今回の慰安婦問題で、以前の韓流ブームの熱狂はすっかり冷めてきた。ネットでは、ベトナム戦争にいて韓国軍兵士がベトナム女性を同じような目にあわせていたという情報もある。人間、被害を受けた方が深く根に残るが、被害を掛けた方はすぐ忘れるものだ。金の貸し借りと同じである。

別に米国に言われたから仲良くやるのではなく、少なくとも今までの状態は異常であった。どちらの国にとってもいいことは何もない。

米国に視点を置くと、北朝鮮の政情を余程、危ないと分析しているのかもしれない。事が起これば日米韓が一致協力してやらなければならないのに、その主力の韓日がもたもたしていては何も出来ないと考えているように見える。米国という国は、自国に不利となることは徹底して、その阻害要因を排除する。日韓が唐突に事態を打開した裏には、世の中の情勢の準備とも取れる。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック