戦争した中国と台湾のトップは笑顔で握手した。共産党と民主が握手が出来ない訳がない。

中国の習近平主席と台湾の馬総統が1949年の中台分断後初めて。会談を前に、習氏と馬氏は握手を交わした。お互い、先生(日本で言えばさんぐらいの意味)と呼び合った。習金平氏は安倍首相との握手の顔とは全く違い、満面の笑みを作っていた。それこそ、お互いに戦争していた相手である。当然、台湾の中には、馬総統の今回の会談には反対者は居た。しかし、国のトップ、党のトップが決断すれば、歴史的な会談も出来る訳である。

片や、日本の野党を見てみれば、共産党が呼びかけた国民連合に民主党が乗ってこない。今日、共産党の志位書記長が、民主の岡田代表がハードルが高いとことを指して、ハードルは飛び越えるものと、さらに呼びかけを行った。これだけの呼びかけに応じないのはもはや、どうしようもない。

志位氏は「日米安保条約の扱いをどうするかという懸念はあると思う」と指摘した上で、党綱領に掲げた日米安保条約廃棄について国民連合政府では「肯定している方々と一緒に政権を構成するので、凍結する」と宣言している。少なくとも安保法制を廃案すれば、まずは良しとすると述べている。ここまで譲歩して歩み寄っても、頭を縦に振らないのは、安保法制を是認しているということだ。国会で、枝野幹事長、福山議員が涙を流して訴えていたのは嘘だったのかと言いたい。

野党の第3党になった松野維新は、氷漬け状態である。維新にとっても、おおさか維新と対抗するためにも野党連合は決して損は無い。むしろ救いであろう。


ハードルは越えるもの…志位氏が民主党に秋波
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151107-OYT1T50056.html?from=ytop_ylist
2015年11月07日
 共産党の志位委員長は7日のテレビ東京の番組で、民主党の岡田代表が共産党との連立政権構想について「ハードルが高い」と発言していることに関し、「ハードルだから壁じゃない。壁は越えられないが、ハードルは越えるものだ」と述べ、改めて民主党に秋波を送った。
 共産党は来年夏の参院選で民主党に協力する前提として、安全保障関連法の廃止を唯一の目的とした野党連立政権「国民連合政府」の樹立を掲げている。岡田氏は選挙協力には積極的なものの、連立政権には慎重な姿勢を示している。志位氏は番組で「国民的大義を野党が掲げないと(選挙で)勝てない」と述べた。





日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2015年11月09日 00:31
かっちさんの指摘通り!
---
「抗日」で「中国共産党」と「国民党」が組んだことも以前指摘した通り!
---
まあ、2009年政権交代では「民主党政権」かと思いきや実際は「旧:国民新党」+「社民党」の「連立政権」だったことを忘れていまいか?(トホホ)
---
民主+共産+松野維新+社民+生活 = ?
答えはいかに・・・

この記事へのトラックバック

  • 日本の正規・非正規就業者統計を米国並みに改革し・サービス部門就業者増を図る政策を実施せよ

    Excerpt:  日本の正規・非正規就業者統計を米国並み・パートタイム労働も健康保険などの社会保障給付を受ける同一労働同一報酬の制度に改革し、サービス部門就業者増を図る政策を実施し経済成長を実現せよ、天下りの受け皿で.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2015-11-08 11:12
  • 中台首脳が初めて会談

    Excerpt: 中国の習近平(シーチンピン)国家主席と台湾の馬英九(マーインチウ)総統が7日、シンガポールで1949年の分断後初となる首脳会談を行った。両首脳は、中国大陸と台湾がとも ... Weblog: 虎哲徒然日記 racked: 2015-11-08 19:24