まず、民主は社民と統一候補の協力確認。これを共産、生活、維新とも行わなければならない。

民主の岡田代表が、まずは、社民の吉田党首と参院選挙での統一候補について話し合った。当然、共産党からの提案であるのに、まず吉田氏と意見交換した理由がわからないが。小沢代表が民主を意識して「青二才」などと檄を飛ばしたので、後回しになったのか。記事の中に、共産党の提案についても話したとあるので、社民の考えを確認したのであろう。

野党統一候補を擁立したいと述べているので、小沢氏が象徴的に述べている「オリーブの木」的な統一候補を立てるとの意思表示と見なしたい。

今TPPの大筋合意で、米、牛肉、薬品などだけが注目され報道されているが、TPPの中身は、これだけではなく、保険、雇用などの多岐に亘っている。特に、日本の優れた保険システムである国民皆保険制度などは、どのような交渉内容かわからない。国民のセーフティーネット的な役割を果たしているシステムにまで、米国ルールを合わせられてはかなわない。
TPPの内容は、国会で初めて批准される。だから、まだ決まった訳ではない。秘密裡で、具体的な中身は何一つ正確に国民には知らされていない。

これも野党が統一し、政府が隠している不都合なことを明らかにして、批准するかどうかは、それからのことだ。


参院選で統一候補擁立も 民主、社民党首
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015100601001907.html

2015年10月6日 18時07分
 民主党の岡田克也代表と社民党の吉田忠智党首は6日、国会内で会談し、来夏の参院選で野党間の選挙協力を進めるべきだとの認識で一致した。勝敗の鍵を握る32の改選1人区での統一候補擁立などを検討する。
 吉田氏は共闘の前提として、安全保障関連法の廃止など政策面での合意が不可欠だと指摘した。岡田氏は特に言及しなかった。安保法廃止で歩調を合わせる野党で連立政権を目指すべきだとする共産党の提案をめぐっても意見交換した。
 会談後、岡田氏は記者団に「無所属候補を野党各党が推薦する方法もある。競合しないよう工夫し、事実上の統一候補を擁立したい」と強調した。
(共同)




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2015年10月06日 22:59
まあ、日本共産党が自分党(誤変換)と「戦闘モード」になっているのだから、「権力の暴走を許さない」と言っている党も「連合」すべきではないか?
---
あの宗教系支持母体も「変化」しているのだから、労働系支持母体も「変化」せねば・・・(トホホ)
2015年10月07日 20:47
どうやらTPPが「玉砕」したらしい。(トホホ)
---
それで「予算」を増額とか?
許せぬ!(怒)。

この記事へのトラックバック