ドリル小渕氏が雇った、自分を弁護する弁護士による第三者委員会は、露払いの茶番検証だ

ドリル小渕氏が、自分が雇った弁護士達を第3者委員会として調査させた結果が、今日発表された。新聞では結論しか出ていないので、どのような理由かわからない。TVニュースで弁護士が話したことを聞いていたところ、その理由が全く訳が分からない。その内容は、小渕氏の親の時代から他の政治家との間で見栄を張ることが慣例的に行われていたので、虚偽の報告をしたという趣旨だったと思う。つまり、世間体、見栄の為に、お金を多く見せかけたと解釈出来る。だから、お金が多額となったと言いたいようようだ。

見栄、世間体という自体、一般常識的に何の説明にもなっていない。見栄、世間体のために、お金の出入りを全て記録したパソコンのハードディスクを3台近く、ドリルで滅茶苦茶に穴を開けたというのか。全く理解できない。この検証委員会には税理士も入っていたようだが、元々ドリルで全て証拠隠滅したパソコンからは、本当の裏の経理情報は知ることは出来ない。それで、不正は無かったと言われたって、誰が信用出来るか!!

明日、これを受けてドリル小渕氏が会見を開くという。要するに第3者委員会は、禊の為の露払いの役目だったのだろう。これで、晴れて小渕氏は全ての疑惑を払拭したと言いたいのだろう。こんなことを、生活の小沢氏がやったとしたら、検察も許してくれないし、マスコミも決して黙ってはいない。

今の内閣の新大臣も、政治資金規正法違反に抵触しているが、お金を返せばいいだろうとうそぶいている。言ってみれば、物を失敬しても、返せばいいんだろと開き直ったようなものである。


「小渕氏に法的責任ない」 政治資金検証の第三者委
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015101901001541.html
2015年10月19日

 小渕優子元経済産業相の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、問題を検証するため小渕氏側が設置した第三者委員会が19日、東京都内で記者会見し「小渕氏は不正に関与しておらず、法律上の責任はない。監督責任は軽いといえないが、強く問うことにはためらいを感じる」とする調査結果を公表した。

 小渕氏の関係者によると、小渕氏本人は20日に地元・群馬で記者会見する方向で調整している。

 第三者委の委員長を務めた元最高検検事の佐々木善三弁護士は「資料は既に押収されており、調査には限界があった」と述べた。(共同)




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年10月20日 01:54
政治資金は「ベビー用品」の購入に使ってもいいのか?
---
「政治とは生活である」
・・・田中角栄政治語録にあやかっって?
「政治とは子育てである」
・・・「ベビー用品」は政策実現のための必需品である?
と怒リル(誤変換?)女史は言い訳けするのだろうか?
---
(トホホ)

この記事へのトラックバック