最高裁の元長官に戦争法案は違憲と表明され、菅官房長はどう答える?

戦争法案の参議院の採決が間近になるにつれ、国会内外での動きが激しくなってきた。維新の松野代表は、参院で戦争法案が可決すれば、民主の内閣不信任案に同調する意向を示した。これに対して橋下氏の流れを汲む議員は、党議拘束を掛けても出ない意向を表明している。これが踏み絵となって、自公寄りの議員の離党は確実となる。この連中は、次期選挙では自民に入りたいというが、自民も議員枠などない。泡沫議員として消えて行くだろう。

菅官房長官は、戦争法案が違憲と憲法学者は言うが、それを決めるのは学者ではなく最高裁判所であると答えた。これを言っておけば、戦争法案の最大の弱点は防げるとたかを括っていたが、その最高裁の元長官に違憲と言われてしまった。元長官は砂川事件判決を根拠とすること自体、おかしいと話した。

この判断は、国民の一般的な常識の範囲で、至極当たり前の結果である。



安保法案、元最高裁長官「違憲」 政府説明「論理的矛盾」

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015090301001488.html

 元最高裁長官の山口繁氏(82)が3日、共同通信の取材に応じ、安全保障関連法案について「集団的自衛権の行使を認める立法は憲法違反と言わざるを得ない」と述べた。政府、与党が、砂川事件の最高裁判決や1972年の政府見解を法案の合憲性の根拠にしていることも「論理的に矛盾する。ナンセンスだ」と厳しく批判した。



日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年09月04日 18:05
それでも「官邸」は、
「大きな誤解が生じている」というのだろうか?(怒)
---
「大きな誤算が生じている」が正解か?(トホホ)

この記事へのトラックバック