安倍自民総裁の「新第3の矢」発言に、自民党議員の焦りが見える。

今日、自民党総裁として安倍氏が、安保法の余韻を消すためにやっきになっている。なぜなら、今までの経験から、一旦通過した法案については、諦めや、興味が無くなり、反対運動も直ぐに下火になる高を括っていたからだ。

唐突に、記者会見を行い、また以前聞いたような「新たな三本の矢」と使い古した言葉で、同じ柳の下でドジョウ2匹を釣ろうとしている。その内容がふるっている。「戦後最大の経済」を達成するという。GPD600兆円を目指すという。

「戦後最大」はよく言ったものだ。アベノミクスが上手く行っているのなら、こんな「戦後最大」などとは言わなくていい。戦後最大というと所謂「バブル」経済時期である。今は、唯一の目玉であった株価も中国経済の停滞で18000円の大台を切っている。本当に、この男は嘘ばかりである。国民が頼んでもいない安保法だけは、最大限の思いを達成した。こんな男の話などは誰も信じない。
要は、アベノミクス自体が上手く行っていないことを自ら認めたのだ。

自民党総裁として、こんな話をしたのは、以下のように安保法、原発再稼働反対のデモが相変わらず行われているからだ。自民党議員は、心配で、心配で仕方なく、総裁に早く目先を変えてくれと、泣き着いた結果ということである。
しかし、この安保法だけは、戦後最悪な法律であり、国民も日が立つほど、この理不尽な法律は廃案しなければならないと思っている。
自公議員の多くが、ただの人に転落するのは目に見えている。


脱原発・反安保 民主主義取り戻せ 東京で集会・デモ
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015092402000065.html

 安全保障関連法や原発再稼働に反対する「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」が二十三日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれ、主催者発表で二万五千人が「民主主義を取り戻そう」と訴えた。


画像




日頃、ご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村***←何か感じましたらクリックお願いします。ありがとうございます。
人気ブログランキングへ*****←本当にお手数ですが、もう一度クリックして頂けると幸いです。

この記事へのコメント

2015年09月25日 22:10
今日、飛び込んで来たネットのNews「見出し」では・・・
---
「異次元緩和」振り出しに=物価、再びマイナス
時事通信 9月25日(金)19時0分配信
---
何か「アホノミクスは第二ステージへ」(一部誤変換)とほざいているノーテンキな御仁がいるらしい(トホホ)が、「アベコベミクス」もいいところではないか?(怒)
---
まあ、「国民の嫌がることをやり抜く?」がスローガンかもしれないが、それを後押しする艦艇の取り巻きや罪界・メディアがいるという・・・(一部誤変換)
いずれも国民背信で「同罪」だ!(怒)


この記事へのトラックバック